2011年11月15日

星々から全人類へメッセージ




こんにちは、親愛なる友人たち


星々から全人類へのメッセージがあります。このメッセー
ジは、今朝6時11分モントリオールにて瞑想中(訳注:
11日の集合瞑想中)に受け取りました。 
そのメッセージとは...

悲しみの時は終わりました。いまや喜びに浸ってくださ
い。ひとつひとつの小さな事柄に喜びを見い出してくだ
さい。あなた方の統合に、強さを感じてください。あな
た方が共に創造することに、パワーを感じてください。
あなた方のの荘厳さと輝きを感じてください。磁場は
整いました。光が勝利を収めたのです。ありがとう、親
愛なる人たちよ。私たちはあなた方を愛しています。私
たちがあなた方を愛するようにお互いを愛してください。
無条件に、判断することなく、そして心から愛して下さ
い。
どうぞ覚えていてください。



さあ、今から始めましょう。
サモイヤ・シェリー・イェーツ




翻訳:Keiko






posted by コユキ at 06:47| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

FTG I - Forward/A Message of Hope




希望のメッセージ




人類にとってもっともエキサイティングな時がやってきました。変化の時です。私たちは神の創造物として、この先進む方向を意識的に選択できます。これは、人類が進む方向を意識的に選択する人類歴史上初めての時、自分たちが望むことに対して集団として投票する初めての機会です。この偉大な変化の時が訪れています。私たちは強力な共同創造者であり、これから進もうとしている方向に向かって、希望の船の舵を取る前代未聞の機会を迎えています。


一つの偉大なクリティカルマスとして、私たちは神の存在に真実を感じとり、不可欠な変化を受け入れます。 豊かさをもたらし、より調和的な計画を受け入れ、この世の中に命を吹き込むがごとく夢見る各人の力に同調します。愛に満ちた一つの心は、最も純粋な意図とつながって驚嘆を生み出します。共感する多くの心は、私たち全てに素晴らしい変化をもたらします。


2007年に私たちは、自分たちの意図を世界に向けて発信しました。今多くの人たちが、この美しい新世界を創造するために必要なことを実践したいと願っています。数百万人もの人たちが、この変化のパイプ役になると決めました。そして2009年、私たちは、この真実と共に今を生きることを選択し、共同創造者として自分たちの能力を認識しました。この真実の定義において、私たちは、責任を持ちながら今を生きることは、変化を生み出す「I am/自分自身」になるための方法であるということを受け入れました。私たち一人一人が一歩前へ踏み出し、自分のハートとマインドに責任を持つことで、これまで世界になかったような”人の集合体”が生まれます。この集合体は、自分の行動に責任を持つということを明確にしていて、その変化が今必然的な変化になりつつあります。


今私たちは一つの場となり、マインドを通してハートから表明します。形あるすべての生き物にとって平和で豊かで喜びに満ちた世界を望む希望の種を植えます。また一時間にわたって集結して愛に満ちた意図をセットし、この惑星のエネルギー場を高めることによって、この宇宙における自分たちの居場所、共同創造者としての能力を思い出すことができます。一人一人が「I am/私自身」を認識することで「We can/私たちにできる」という力場を生み出すことにつながって、変化を起こしたいという意図が設定されます。一時間にわたって一つのエネルギー場となることで、この新しい時代を始動させ、最も有利な開始点、最も素晴らしい存在方法に対する希望と楽観に満ちた喜びと愛を含む人類の最高の周波数で新しい時代を始めることができます。


人類は準備が整っており、この地上の場を真の可能性へと推進する人達は多数存在します。地球は、これまで私たちを支えてきました。私たちがすでに持っているもの、そしてこれから得るであろうものすべてに対し感謝する時です。それによって、私達が失うものがあるでしょうか?


神性の本質を思い出し、豊かさを求め喜びを感じながら意見を意識的に明確にし、実現していきましょう。私たちは、多くの過去が積み重なってできた命の井戸にたどり着いたのです。神理、存在におけるシンプルな喜びに対し、私たち自身の扉を開きます。


2011年11月11日の午後8時11分(グリニッジ標準時間の11日、午前11時11分)に、私たちは、神の創造する場とひとつになることを選択します。私たちは、私たち自身および互いに共存すること、生まれながらの権利であるエネルギーの偉大なる実現の場となることを選択します。


私たちと一緒に、Fire the Gridで再び人間のエネルギーの集合体になりましょう。人類のために私たちがプロジェクトの一部になりましょう。まず最初に、経験を共有する健全で活気に満ちた惑星を創造することを選択し、その次にあなた自身の喜びをその場に注ぎ込みましょう。必要なのは、一時間にわたって心を開き、愛に満ちた意図を持つだけです。お金も、グループに参加する必要もありません。私たちが持つ実現化のための団結力を見て、場とつながり、私たちの偉大なる真実になることを選択するだけです。


あなたの意見を表明しましょう。共に前へ進みましょう。Fire the Gridへの愛とともに一体となってグリッドに点火し、新しい時代の夜明けに最大の可能性を発進する力を貸してください。自分自身の、互いの、そして集合体としての私たちの未来に対して、あなたが実現すべき魂の標識灯となりましょう。あなたが誰なのか忘れないでください。

www.FIRETHEGRID.org



---原文はコチラ --




翻訳:コト
編集:コユキ







posted by コユキ at 01:01| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

FIRE THE GRID II - Ready to Go Home on July 28, 2009



2009年7月の集合瞑想は日本時間の
7月29日朝7時19分から1時間です。






【公式サイト記事(日本語)】

 ー What We Know ー
 ー The plan ー
 ー Updates ー
   "March 17, 2009 letter from Shelley"
   "The Synchronicity with Bradfield"
   "Shelley's interview"
     (1/6)
     (2/6)
     (3/6)
     (4/6)
     (5/6)
     (6/6)
 ー FAQ ー
 ー Testimonials ー
 ー Project Cause ー

 『FTGV』(07-7-17)



posted by コユキ at 07:19| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

Promo Video




先日のプロモーションビデオの日本語訳です。






2007年7月17日11時11分(GMT)

92カ国、何百万もの人々が

共通の目的に向かって
心と想いを1つに

史上最大のグループ瞑想

人生のうちの1時間

喜びと感謝の1時間

目覚めた光の存在になるため

新たな時への移行のため

大きく目覚め

宇宙へ私達の意思を明らかにした

私達は選択した、
意識的な参加を

新しい世界のパワフルな創造に



2009年7月29日午前7時19分(日本時間)

再び宇宙のサポートを得る

源からのエネルギーは
覚醒の可能性に満たされ

宇宙の裂け目から地上に降り注ぐ

ファイアー・ザ・グリッド II

あなたも姿を見せてください

私達は地球と神をつなぐパイプ

あなたの光のサインを灯し
宇宙に満ちる愛を輝かそう

あなたも参加してください
日本時間2009年7月29日午前7時19分

www.FIRETHEGRID.com




(訳:かば、コユキ)




posted by コユキ at 12:44| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

プロモーションビデオ



プロモーションビデオができました。







公式サイトからもダウンロードできます。





posted by コユキ at 08:24| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

『Shelley’s interview Video #6/6』



 Fire the Grid II :: Be Present.より
『Shelley’s  
 interview Video #6/6』
の和訳です。


+++++++++++++++++++++++++++


「シェリーのインタビュービデオ(6/6)」


私は、自分がこれらのことを、きちんと文にして説明できるとは、思ってもいませんでした。しかし、私の使命は世界に伝えることなんです −われわれは、宇宙で唯一の存在ではないということを ―神とよばれるソース(源)、パワー・ソース、または“光輝く永遠の存在”とよばれる私たちすべてであり、私たちがやってきた源のこと、私たちはその源の細胞の一つ一つのようなものである、ということ。源はただ“愛“によってのみ創造を行うということ、を。しかし、私たちもまた、共同創造者なので、私たちが自分自身について感じたり創造したりするどんなことも、実現化させてしまうのだ、ということを。なぜなら、源は、この美しい、大きな基幹細胞のプールを通ってやってきて、そのとき私たちがいろいろなネガティブなエネルギーを引き寄せて、その中に入れるからです。

この地球上に起こっているすべてのネガティブなものは、私たちの属性でも“光輝く永遠の存在”の属性でもありません。それは、私たちによって、顕現化されたものなのです。ちょうど箱の一部にチェックマークをつけるように。私たちはたくさんの箱に印をつけているようなものなのです。私たちは物事を自分たち自身で創造して、『おおそうだ、この素晴らしいものが起こった、とか、おおこのひどい状況も起こった、』とチェックしていっているようなものなのです。でも、私たちがいる世界の外側では、その“光輝く存在”は、唯一“愛”からのみ創造を行っているのです。そして、それを送りこみ、私たちが自分で自由に創造できるたくさんの機会を与えてくれているわけです。

ですから、私は人々に伝えるのが役目です。「あなたは、ただ人間である、というだけではないのです。あなたの中には“大いなる存在”がいるのです。そして、その大いなる存在と調和し、その存在とコミュニケーションする方法がわかれば、あなたはずっとずっと幸せになるでしょう。そしてこの地球上でより完全に生きていくことでしょう。」と。

それから….たくさん伝えるべきことはあるんですが、まず言わなくてはならないことは、シンプルなことなんですが、あなたは自分自身を常に源とつながった状態に保つようにしてください。その高い周波数は、あなたへ届けられるわけではありません。あなたは、あなたという存在(周波数)で、その高い周波数をピックアップしようと努力しなければならないのです。もしうまくいかなかったら、それは、あなたという存在(周波数)に、その原因があったということになります。たとえもし、あなたがそれをうまく捉えられなかったとしても、この機会を準備してくれた存在のせいにはできません。なぜなら、その存在は、あなたが頼んだことをただ遂行しただけ、だからです。なので、これは責任を自覚すること、なのです。『私の責任なのだ。あなたを責めることはできないのだ。』と。

不思議ですが、人間は一度、責任感が芽生えると、世界を全くちがったふうに見るようになります ―それはちょうどいま、私たちに起こっている“進化”の一貫なんですが ― 人間は責任を自覚するように、なりつつあるのです。というわけで、その責任ということについて、『では、その存在たちとは、誰のことか知ってますか?目覚めて責任を自覚するようになったあなた方は、今この地球に起こりつつある状況の“物理的ダイナミクス”を理解する必要があります。』と私は言わなくてはなりません。それはつまり、もし私たちがこの星の周波数フィールドを引き上げる方法を見つけなければ、私たちは大混乱と大きな不幸に見舞われることになるだろう、ということです。大きな苦しみを。そうなると移行は、多くの困難を伴い、決して容易にはいかないでしょう。

存在たちは言います。『われわれは、あなた方とあなた方の星にやってくるものを、止めることはできません。われわれには止められないのです。しかし、われわれは、あなた方が平穏に移行できるよう、手助けすることはできます。だから手助けしよう、とわれわれは決めたのです。われわれは、その移行を容易にするために、あなた方と交信していくことを、自分たちの意志で選んでいるのです。』と。ここで全権を委任されている身としては、こう言うしかないでしょう。それも、計画の一部なのです、と。

みなさんに私が言いたいのは、私が言っていることをあなたが信じないなら、それで結構です。なぜなら私には、全然大した問題ではないからです。しかし、もしみなさんが私の言っていることを信じるのであれば、ここに、進化の次段階への移行を、容易にする方法がありますよ、と私は言っているわけです。




(翻訳:Kiyomii)






posted by コユキ at 09:27| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『Shelley’s interview Video #5』



 Fire the Grid II :: Be Present.より
『Shelley’s  
 interview Video #5』
の和訳です。


+++++++++++++++++++++++++++


「シェリーのインタビュービデオ(5)」


Fire the Gridのイベントは、意識を高めているのです。だからこのプロセスのすべてが、ひとり、ひとりの“私”という意識レベルから、集合体“私たち”という意識レベルへ上昇させるプロセスなんです。しかし、一人一人の“私”こそ、このプロセスを前進させる全体の一つ一つの細胞なのです。ですから、Fire the Gridとは、“意識の高まった一つ一つの光の細胞”の集まりになるために、私たちを目覚めさせようというイベントなのです。

存在たちは言いました―『一旦、あなた方一人一人が、高い意識を持つ光の細胞となれば、あなた方は、他のみんなのために存在することになるのです。他の人たちには、あなたが今では違った存在になったことが分かるのです。彼らはあなたがしていることを知りたがります。彼らはなぜあなたが、そんなふうに変化したのかを知りたいのです。いいですか、あなたはその後も人間であることに変わりはありません。あなたは相変わらず、悪態をついて誰かを罵ったりもします。あなたは相変わらず、同じことをしているでしょう….スーパーで総菜を買ったりしています。でも、あなたの何かが、今は違うのです。他の人が見た時に、こう言うでしょう―『あなたは、なんて平和に包まれているんでしょう。優雅ささえ感じさせます。いったいどうしたら、そんなふうになれるんですか?』と。これこそが、Fire the Gridが、当初、目指したものだったのです。

そのプロセス自体は、ずっと前の1987年に始まっていました。

存在たちは言いました;『われわれは、以前にもあなた方に働きかけました。それは1960年代のことで、われわれは、あなた方を高いところへジャンプさせようと試みました。これは、フリー・ラブやヒッピーブームがあったころのことでした。ヒッピーたちは、みずがめ座の時代とか新しい時代の幕開けについて、大いに主張しました。彼らは来たるべきものを知っていたのです。なぜなら、本当に存在たちが話しかけていたからです―あちらでも、こちらでも、メッシージのチャネリングをする人が出てきて―遠隔透聴ができる人は、メッセージを聴いていたのです。

でも、今と比べ、当時なぜうまくいかなかったのか、という点について、存在たちは次のように説明してくれました。つまり― メッセージを受けとっていた人たちは、社会をリードする立場の人、そのメッセージを本当に聴く必要のあった人たちとは、あまりにもかけ離れていたので、両者の隔たりを埋めることができなかったのだ、と。その両者の隔絶は大きすぎました。なぜなら、ヒッピーの人たちは、『ちょいとおねえさん、ブラなんか燃やしちまって一緒に楽しもうよ。そうだろ〜?戦争なんかよして愛し合わなくちゃ。』というノリでしたからね。そして、そんな彼らが、お堅い背広・ネクタイ族の、世界を実際に動かしていける人たちに、訴えかけようとしていたんですから…無理でしょう? でも今では、両者の隔たりはずっとずっと近づいてきているのです! 私はそのヒッピーです。でもあなたが私を見ても、私はヒッピーには見えないでしょう?だって私も、ほかの皆さんと同じ世界に住んで、日々を精一杯生きている一人で、でもたったひとつだけ違うのは、私はこのFire the Gridのメッセージを受け取って伝えている、という点だけです。1960年代に彼らが受け取っていたのと同じメッセージです。

でも聞いてください、今では、私はお堅い背広族にも訴えかけることができるのです!なぜなら、彼らもまた目覚めかけているからです。彼らはほんのちょっとばかり、軽く突っついてもらう必要があるだけです。今の人たちはちょっと軽く押してやるだけでいいのです。それに引きかえ、60年代は、火かき棒で頭をガーンと叩いて、「目を覚ましなさいってば!」という具合にする必要があったのです。そうでしょう? でも1987年にこの、エネルギー・フィールドを高めるプロセスが始まって以来、今ではすっかり、ものごとが変わってきたのです。究極的には、お堅い背広族の人たちも、私たちを援助したいのです。究極的には、この地球社会には何も話し合わなければならないような議題はないのです。でも、現在、ありとあらゆるうわさが飛び交ってますよね、『きっと、その存在たちは、地球を乗っ取ろうとしてるんだ』とか、そんなこと、どれもこれも、存在たちが私に伝えてることではありません。彼らは私たちの問題に干渉するつもりは全くないのです。私たちはこの“地球体験”というプロジェクトをまだ終えてないのですから。人間のからだという生体力学的スーツを着て、人間の形の中に宿っていろいろ体験するプロジェクトを。だから多くの人が『ああ、もう世界の終りだわ、…』とか言っていますが、そうではないんです!世界の終りなんてものは、どこにもないんです。ただシフト(変化)が起こるだけなんです。ではシフトって?それはどちらにしても、こんな風に突然パチン!という感じでは起こらないのです。私たちがこれから通り抜けようとしているのは、また次の一連の進化のプロセスなんです。でも、私たちは意識が目覚めているのです、今回は。

ちょっと話を元に戻して、進化について、彼らが何と話してくれたか説明したいと思います。彼らは言いました― 進化説は、真実です。我々がそれをあなた方に用意したのです。― “我々”とはソース(源)としての存在たちですが、彼らは自分たちのことを総称して“我々”と呼びます、いいですか? ですから、私たちは進化してく能力を与えられているわけです。それはプログラミングされた計画の一部なのです。なので、私たちは、いわば、デスクトップという場所の中に生きているのです。地球というプログラミングされた場所。それは、雪が降ったり、窓があったり、床があったり、というふうに設定された場所。ここが、私たちがその中で遊んでいるデスクトップなのです。そして私たちはこの設定に同意して、やってきているのです。例えば、あなたは、水の上を歩くことはできません。空を飛ぶこともできません。草は緑に生い茂ります。空はみず色、など。これらのすべてのものは、私たちが全員で、デスクトップがどんなものになるか、合意して決めているものばかりです。そのとき、向こう側の世界の天使やガイドや神の源そのものも一緒に参加して、そのデスクトップを一緒に創りあげたのです。そのようにしてデスクトップに働きかけてきましたが、実は私たちは、創作をうまく操作することができるんです。

進化のプロセスに話を戻します―私たち地球生命の最初の存在、アメーバが水たまりに生息していました。私たちの最初の小さな仲間、あなたはこう言うでしょう、「ああ、私たちってあんな感じの存在だったのね。」と。その水たまりのアメーバたちは、『今のこの状態よりももっと素晴らしい状態があるにちがいない!』と、こういうふうに目覚めるように、本質的にプログラムされていたのです。それは、現在の状態よりももっと良くなりたい、という願望でした。なぜなら、神(源)の本質そのものが、“今の状態よりももっと良くなりたい”という『願望』だからです。それは常に拡大し続けることを目指しています。それが、神というものだからです。それで、水たまりのアメーバたちはそこで、泳ぎ回りながら、思ったわけです。『そう、おれたちはアメーバさ。』 彼らは思考というものを全然もっていませんでした。彼らはどんな“意識”も持っていたわけではありませんでしたが、しかし、彼らは、彼らが成りたいと思った以上のものに進化するよう、プログラムされていたのです。そして、この小さなアメーバたちが、十分な数の集合体となって『そうだそうだ、もっと上の存在になろう!』と言い出したとき、クウォンタム・リープ(量子的飛躍)が起こったのです。そして新しい種が現れたのです。その新しい種族が現れたとき、彼らは、デスクトップの世界の決まりごとを知ったのです。自分たちはその世界にどう適応していかないといけないか、ということを。自分たちの新しい生物的な進化にも気づきました。そしてその新しいからだがどんな新しい決まりごとの中で生きていかないといけないか、にも気づきました。ですから、北京原人がホモ・サピエンス(現在の人類)に進化したとき、同じようなことが起こりました。私たちは、すっかり新しい決まりごとを与えられ、それに適応しながら生きてきたのです。

存在たちは言いました。『なぜ、進化説が完璧には正しくないのかというと、あなた方は、量子物理学を考慮に入れなかったからです。つまり、進化説と量子物理学は密接に関連してきたのです。このたびが、あなた方が住まうこの地球にとって、人類が“意識的に”自らの次の方向性を決めることができる初めてのチャンスなのです。



(翻訳:Kiyomii)





posted by コユキ at 08:58| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

『Shelley’s interview Video #4』


 Fire the Grid II :: Be Present.より
『Shelley’s  
 interview Video #4』
(2009/3)
 を日本語に訳しました。


+++++++++++++++++++++++++++


「シェリーのインタビュービデオ(4)」


OK。では、Fire the Gridに話を戻します。存在たちがいうには、「我々は、あなた方がいまどの地点にいるのか把握する必要があるのです。なので我々は、あなた方の周波数をとらえて確認したいと思います。一方、あなた方が自身のためにしようとしているのは、ガンマ線に乗っかった、暗号化されたエネルギーを受けとろう、ということなのです ― それは、ガンマ線に埋め込まれ、あなたの世界へ爆弾のように降り注いでいます ― あなたが、その決められた特別な1時間の間、平和と愛に満たされて静かに座っているなら、その時間には、これまでで最も高い周波数のエネルギーに、あなたはアクセス可能になり、それを自分の中に受け取れるのです。あなた方の中には、ちょうど子どもが、『注射なんかいやだよ。近寄らないで。こわいよー。』と言うように、そのエネルギーを恐れている人もいるかもしれません。そうではありませんか? でも実際は、『おや、注射なんて痛いことはしませんよ。私たちは、あなたの中に、その周波数を届けるだけなんですから。』、という感じなんです。そのエネルギーを自分の内に取り込むには、ぜんぜん痛みを伴いません。そして、一度そのエネルギーがあなたの内に入れば、そのおかげで、あなたは、ちょっとだけジャンプアップして、少し高い周波数帯に上がれるはずなので、きたるトランジション(移行)のときに、もう、一番低い周波数帯から始めなくてもよくなっているのです。

とういうわけで、Fire the Grid 2が、7月にやってきます。今年の7月28日です。もしあなたが、Fire the Grid 1に参加されていたのなら、いうことはありません。あなたはFire the Grid 2に引きつづき参加し、少し高いレベルから始めて、さらにエネルギーを高めるのです。ほんとうに!もしあなたがFire the Grid 1には参加してなかったとしても、全く問題ありません。存在たちは、できるだけ大勢の人の周波数を確認したいと思っているのですから。それに、Fire the Grid 2でさえも、“一番重要なこと”、というわけではないのですから。Fire the Grid 1は、予行演習のようなものでした。私たちはこれをする必要があったのです。それは私たちのフィールドをエネルギー的に上昇させるからです。Fire the Grid IIIでは、エネルギーは宇宙空間からやって来ました。そしてそれは私たちのからだを通り抜けました。私たち自身が、伝導管だったのです。私たちはそのエネルギーを受取り、そのエネルギーは私たちのからだを通って、地面へと抜けました。そして地面をとおって大洋へと流れたのです。大洋の水は、そのエネルギーを地球全体へと行き渡らせました。

ここには、もうひとつの“役得”がありました。それは、そのエネルギーが私たちのからだを通っていくとき、私たちが自分の中に生み出した、受容・喜び・感謝という愛のエネルギーもまた、そのエネルギーに乗って、私たちを通りぬけて大洋へと流れたのです。ですから私たちは、この “世界を変えていこう!”とでもいうような勢いの、愛・喜び・思いやりにあふれるエネルギーを、大洋の水に注ぎ込んだのです。2007年7月17日以来、今も、その水は世界中を巡りつづけています。それは、大洋をずっと廻っているのです。つまり、それは私たち地球の“流れる血”なのです。

そういうわけなので、地球のあらゆるところを巡り、巡っていくうちに、そのエネルギーは枯渇してきて、それはその使命を終えたのです。それはそうなる運命だったのです。そのエネルギーはブラジルへと流れていきました。そうなるように始めから決められていたのです。エネルギーはブラジルの、クリスタルの鉱床へと流れ込みました。そのクリスタルが、現在、エネルギーを蓄えているのです。そういうわけで、そのエネルギーは水にのって、全地球をかけ巡りました。それからブラジルのクリスタルの鉱床へと流れつき、それ以来ずっとそこに留まっているのです。といっても、私は正確にすべてを言えるわけではありません。というのも、そのエネルギーのうちの幾分かはそこへ本当にあっという間にたどり着いたのかもしれないし、また、それらのうちの別のエネルギーは、もうちょっと残っている旅をもうすぐ終える途中で、それからやっとクリスタルの鉱床へと向かうのかもしれないからです ― しかし、2009年7月28日までには、私たちが地球に引き入れたエネルギーの、最後の一滴までが、すべてがクリスタルの鉱床の中に流れ込むことになっています。

B:なぜブラジルで、なぜクリスタルの鉱床なんですか?

なぜならクリスタルの鉱床は、唯一、このエネルギーを蓄えておけるだけの、十分な強さのあるものだからです。そして、地球で、そのうち最も大きな鉱床はブラジルにあるのです。だからそこに、このエネルギーは向かったのです。そのとき以来、そこにじっと眠っています。存在たちが私にその様子を見せてくれるとき、それはまるでこんな感じで「ウォ〜ウ、ウォ〜ウ!」と言っているようです。まるで脈打っているみたいなんです。それは、今、何も活動せず、そこで休眠しているんですけど、このかすかな脈があるんです。それは、とてもピンクっぽいエネルギーなんです。そう、とてもピンクです。それは、“神のソース(源)”、または“光輝く永遠の存在”と私が呼んでいるものと同じ色、またはピンクのプラズマなんです。ですから、私たちが一度、自分自身のフィールドから抜け出しさえすれば ― いけるところまででいいですが ― この美しい、壮大で、あざやかなピンク色のプラズマが、あなたのほうにやってきます。きっとだから、このエネルギーフィールドはそんなにピンク色なんです。そのフィールドがこのエネルギーを蓄え始めて以来、それはかすかな脈を打っていて、今もそうなのです。

A: それはまるでハート・ビートのようですよね。

そうです。まるでハート・ビートのようです。それは今そこで脈打っていて、そして、7月28日を待っているのです。7月28日に何が起こるかというと、そのエネルギーが解き放たれることになっているんです。でも、私はそれが、大洋の水へと戻っていくのかどうかは分かりません。存在たちは私に教えてくれてません。それが、ただ解き放たれるだけなのかどうか、私には分かりません。それがどんな風に放出されるのか知らないので、それについては、よく分からないのです。ただ、分かっているのは、私たちが、やってくるエネルギーの受け手、又はアンテナの役目をする代わりに、今回は、私たちは送信器になるのです。ですから、再び私たちは、私たち自身と神のソース(源)との間をとりもつ、伝導管になるわけです。そのエネルギーが私たちを通って逆方向へ流れるようにするのです。

さて、そのエネルギーが逆方向に私たちを通って、宇宙へと戻るとき、私たちはそれをコード化(暗号化)したいと思います。私たちはそのエネルギーをコード化して、宇宙へと送り返すのです。つまり、私たちは自分たちの“願いごとリスト“を、それにコード化して埋め込むのです。 例えば、きれいな水、きれいな空気、豊かな食糧、みんなが享受できるほどの豊かさ、喜び、芸術、音楽などの”願いごと“を。

私たちの人生にやってきてほしくないもの、ほんの一瞬でも考えたくもないものなど、の代わりに ― そういうものはちょっと思い出すだけでもだめです。それを頭に定着させてはだめです。あなたの“願いごとリスト”をネガティブなものにしてはいけません。なぜなら、あなたがちょっとでも考えたということは、あなたはそれに生命を与えたことになるからです。そんなことしてはだめです。

7月28日には、あなたは、喜びに満たされて静かに座ります。あなたは、世界がそのすべての可能性の中にあるのを見ます。たとえ、あなた自身のからだの反応や人間の部分が、“そんなこと不可能だよ。うまくいくわけない。それは無理な注文だよ”と感じていたとしても、です。つまり、うまくいくかどうかは、こっち側の世界にかかっているので、その1時間の間、あなたはその可能性にすべてのエネルギーをフォーカスするのです。なぜなら、この世界は、あのすごいハリー・ポッターの世界にいるようなものだからです。私たちは「魔法だって使えるんだぞ。」という世界にいるのです。だから私たちは魔法を使って奇跡をおこすつもりなんです。

ですから、私たちはどうしたらいいか、というと、ただ座って、自由にいろんなことをイメージするのです。例えば? 例えばそれは、しあわせそうに微笑む笑顔、子どもたちが楽しく遊んだり音楽や芸術や喜びを体験している様子、それから小川の流れる美しい緑の草原、そして平和、私たちはそのようなイメージを、思い浮かべるのです。私たちはそれを、クリエイトするのです。そしてその1時間の間、実際にそのイメージそのものを生きるのです。エネルギーが私たちの中を通って上昇していくとき、その流れは、私たちのイメージを埋め込んだエネルギーを私たちから取りあげ、そして源へと持ってかえります。それはまるでサンタクロースに渡す“願いごとリスト”のようなものです。『私たちが欲しいものはこれです。私たちは十分な数の人びとがそれを願っています。』、というような感じなのです。

そういうわけで、Fire the Grid 1の目的の一部は、十分な人数のそろった私たちがここにいて、変化をもたらすことを切望している、ということを示すことだったのです。十分な人数の私たちが手をあげて、『私たちはここにいます!私たちは変化を求めています!何百万という人たちが参加しています!』、ということだったのです。その行動によって、私たちは、はっきりと証明したのです。『このFire the Gridイベントを気にかけてもらうに値する、十分な人数の人たちが参加しているんです。』と。




(翻訳:Kiyomii)




posted by コユキ at 22:39| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『Shelley’s interview Video #3』


 Fire the Grid II :: Be Present.より
『Shelley’s  
 interview Video #3』
(2009/3)
 を日本語に訳しました。


+++++++++++++++++++++++++++


「シェリーのインタビュービデオ(3)」
"ウェイクアップ・コード”


例えば Fire the Gridのシンボルは、ウェイクアップ・コード(暗号)だったのです。あなたがそれを見たとき、あなたの中の何かが、「ここには真実がある。何か大事なものが。これは現実の何かだ。これは本当のことなんだ。」と、気づくような仕掛けになっていたのです。なぜなら、それは埋め込まれたウェイクアップ・コードだったからです。ほとんどの埋め込まれたコードは、音(トーン)から成っており、存在たちは、それを曲の中に埋め込んでいったのです。というわけで、私はブラッド・フィールドの曲を聴くとき、そこに歌われてないものを聴きとることができるのです。私が聴いているのは、曲や歌詞ではなく、もっと別の何かなのです。なぜなら、音楽は、存在たちがいろいろなことを埋め込むのには、最高の道具だからです。彼らはまた動画のほうにも、あることを埋め込んだりします。そうですね、周波数ベースの機器を用いてなされるどんなコミュニケーションも、存在たちにとっては、ウェークアップ・コードを埋め込むのが簡単なのです。

ですから、 Fire the Gridはそれ自体が、一つのウェイクアップ・コードだったのですが、あなた自身もそこに参加していたわけです。その他にもいろいろなウェイクアップ・コードが、あなたが見たり出会ったりするものごとを通して、あなたにやってきます。そこには真実が埋め込まれているので、あなたは、「これはなにか大切なことだ。これは本当のことなんだ!」と分かるわけです。その人たちは、そういう自分の中の気づきにこそ、もっともっと注意を払ったほうがいいと思います。なぜなら、それらは、「ウェイクアップ!ウェイクアップ!目を覚まして!」と、自分の内で何かが反応しているからです。そういう人たちは、「私が何に目を覚ましかけてるですって?何のことを話してるの!?」と私に言います。そうすると私は、「そうですね、あなたはまず、ある程度人生の経験をつんで、自分がただの肉体的存在というだけではない、と理解できるようにならないとね。」と私は答えるのです。もちろんあなたは、ここで人間の経験をしているという意味においては、人間という存在です。しかし私が言っているのは、自分の奥深くにいる存在のことを指しているのです。それで、聖書には「この建物はあなたの神殿である。」と謎めいたことが書かれているのです。 あなたのからだがあなたの神殿なのです。なぜなら、あなたの中には、神そのものの断片である存在が住まうからです。それは、光輝く無限の存在の光の細胞のひとつで、それがあなたの中に生きているのです。私たち一人一人の内に脈打って住まう、光輝く無限の存在からきたひとつの光の細胞 ―。そのくらいそれは神聖なのです。そのくらいあなた方は重要なのです。

さて、あなたはその内なる光を使い、この世でのあなたの体験が最大限のものとなるように、その光をうまく活用していきたいですか?それともその光を使い、ただ生きているだけでいいですか?それはあなた次第です。どちらを選ぶかはあなた次第なのです。もう一度言いますが、50年前、あなたの経験を、あなたがどんなふうに経験したかは問題ではありません。そのときのことはすべて学びだったのです。でも、今や私たちはこの時代の終わりに向っていて、やらなければならない使命があるのです。取り組まなければならない課題が。 なぜなら ― ここからがいいところです ― 地球はいま、宇宙空間を巡っていっています。これまでもずっとこの宇宙を旅してきました。そして今、地球は、私たちが天の川銀河と呼ぶ銀河系の中心と一直線をなす地点へ向う道を進んでいるのです。これは想像上の地点ではありません。それは実際の地点なのです。多くの人は、地球が宇宙の空間を動いていっている、ということを知りません。でも、ほんとうにそうなんです!そして、地球がこの宇宙空間を通過していくとき、私たちは、天の川銀河の中心から真正面、中心と一直線に並ぶ地点へ、と向かっているプロセスの途中なのです。

さて、存在たちが私に見せくれた光景は……、ひとすじの光がこんな風に、上からまっすぐに降りていて、その真ん中にボールがありました。そのボールからは、光のすじが放射状にたくさん出ていました。信じられないほど強烈な光が、ボールの背後にあるような感じでした。しかし私たちの側から見えたのは、細くて縦に伸びるひとすじの光と、中心に小さなボール、そこから放射状に出ているたくさんの光のすじ、それだけでした。私たちの乗った地球が、銀河の中心と一直線になる地点にたどり着くとき、私たちは、一つのサイクルを完了したことになるのです。その光景を見せながら、存在たちは私に言いました。「これが、人類が、生存の次の段階を意識的に選択しようとした初めての体験であった。」と。これまでは毎回、すべての準備が、私たちに向けて、私たちのために、なされてきました。「あなた方が、北京原人とホモサピエンスの間の失われたリンクをどうやっても見つけられないのは、その2つの間に量子的飛躍(クウォンタム・リープ)があったからです。2つの間の失われたものを、決して見つけることはできないでしょう。なぜなら、その間には量子的飛躍があったからです。」と、存在たちは言いました。

「私たちが、ひとつの生存のサイクルを終えるたびに、今のような期間が巡ってくるのです。しかし、人類はこれまで、その移行に参加できるほど十分には巻き込まれていませんでした。」と、存在たちは言いました。なので、これまで移行は、とにかく起こって、それがどんなものであろうとも、それはそういうもの、で片付いてきました。しかし、私たちが、今の自分たちよりももっと素晴らしい存在になりたい、と種全体で願うとき ― つまり、私たちが何かを、みんなで、それも十分な数の人びとが集まって一緒に願うならば、私たちは、現実にそれを引き起こすことができるのです。



(翻訳:Kiyomii)




posted by コユキ at 01:16| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

『Shelley’s interview Video #2』



 Fire the Grid II :: Be Present.より
『Shelley’s  
 interview Video #2』
(2009/3)
 を日本語に訳しました。


+++++++++++++++++++++++++++


「シェリーのインタビュービデオ(2)」
”光輝く無限の存在”

OK, 私たちは地球について話していたところですね。そこから始めましょう。存在たちが、私に、地球について何を見せてくれたかについて、話したいと思います。えーっと、地球ですね、それからそれをとりまく宇宙、私たちが知っているすべての銀河、私たちが見ることのできるすべての銀河、私たちがその上に乗っかっていると思っているすべての銀河は、実はすべて私たちの幻想(バブル)の中にあるのです。私たちは宇宙の広大さをこれまで目にしてきたですって?ぷーっ!それは、私たちの幻想の中にあるのです。“幻想”って言いましたが、それは正しい言葉ではありません。それは、私たちの“子宮”の中にあるのです。私たちが知っているすべてを包み込むような“子宮”、私たちがこれまで分かったすべて、この時点で私たちが知ることのできるすべてを包んだ“子宮”なのです。それはいうなれば、セルロースの子宮に包まれたような状態に見えるもの、の中にあります。そして、あなたが、私とあなたの間にある“空気”と思っているものは、実は“プラズマ”なんです。では、私たちがそこからやってくる場所― 私たちの真の姿、プラズマ存在は液体状で、私たちのこの世界も、液体状のフィールドなのです。ですから、私たちは、プラズマの中のプラズマ存在なのです。それは、まるでゼリーを、少し固めのゼリーの中に注入したようなものです。それが、この“子宮”の外側にいるときの私たちのようすです。そういうこともあって、私たちがこの3次元世界で肉体のなかにいることが困難な理由は、私たちはこのゆるやかに段階的なタイプのフィールドのほうに慣れているからで(私たちが“自分のフィールド内にいる”ということに関して言えばですが)、一方、この3次元世界では、私たちはとても密度が濃く、重たく、この肉体もとても密度が濃くて重い、それなのに、私たちはとてもとても軽いフィールド(環境)の中にいるためです。私たちをこのフィールドの内側に包んでいる、このセルロースのようなもののてっぺんに、開口部のようなものがあります。それはブラックホールです。彼らがいうには、それは基幹細胞のプールでした。あなたが“あなたの現実世界“へと、物質化された想念を引き寄せるにつれ、すべては源からこの基幹細胞のプールを通りぬけて、われわれの現実世界へとそれ自身が顕現するのです。それは、魂がどのようにこの世界に入ったり出たりするか、ということです。それらはそのセルロースから、ただ飛びだす、というわけにはいきません。魂はこの基幹細胞のプールに入ったり出たりする準備をしなくてはなりません。なぜなら、私たちを包んでいるこのセルロースが、私たちを包んでいるからです。それはへその緒のように見えますが、それも理に適っています。というのも、私たちは元いた場所に戻るときは、トンネルの中をくぐっていくことになるからです。それで私は「OK、それはまさにこういうものなのね。」と思ったわけです。このへその緒が、私たちを宇宙空間へと引き戻すものなのです。つまり、私たちは、この大きなセルロース・フィールドの子宮のなかで、妊娠期間中なわけです。そして、私たちが宇宙空間に合流するときには、この大きなセルロース・フィールドはなくなってしまうことになっています。でも考えてみてください。その保護フィールド(子宮)の外側には何があるでしょうか? 私たちがこの3次元世界に赤ちゃんとして入ってくるとき、私たちはそれまで私たちが知っていた状態から脱出し、全然違う状態へと入ってくるのです。それと同じことが、今、起こりつつあるのです。それは全然、複雑なことではありません。それはよいこと・悪いこと、でもありません。あなたは罰を受けるのではありません。あなたは忌まわしい犯罪者ではありません。そんなものは全然関係ないのです。私たちは、私たちの知っているフィールドから、私たちの“永遠の部分=魂”だけが知っているフィールドへ、と生まれ出るプロセスの途中なのです。そして、私たちがその新しいフィールドに入っていくときには、その移行はとてもとても難しいものになるそうです。‐ちょうど、赤ちゃんがこの世界へやってくるのがとても大変なのと同じことです。とはいっても、私たちは単独でこの世界にやってくるわけではありません。ひとまとまりの団体としてやってきています。そして宇宙空間へと合流することになるのです。私たちは、宇宙空間における“生存する器官”となるのです。だから、私たちは誕生するとき、そういうことが起こるのです。それで、わたしは言いました。「オーケー。それなら、もうちょっと詳しい情報がいるわ。つまり、人々には何をどういうふうに伝えてほしいの?人々に知ってほしいことは何ですか?彼らに理解してもらいたいのはどういうことですか?」と。すると彼らはこう答えました。『まずはじめに彼らが理解しないといけないのは、彼らの“存在の真実“は、ただの周波数であるという事実。それは、ただトーン(響き)そしてただの周波数(振動)である、と。』だから、人々といっしょに準備をしていくとき、そんな高い周波数に達するようにならないといけない、ということでは必ずしもないのです。たとえ人類があなたとともに準備をしていかないといけない、とはいえ。それから、自己の“本当の存在”を内側に確信する多くの人々が目覚めています。彼らは『私たちは何かする必要がある。何か、きちんとしたやり方で物事をする必要がある。』と言いながら、私たちに話しかけているのです。人々は、抵抗をしながら『何をいってるのかわからないよ!』となるか、または、『ええ、そうなのよ。いったい私たちがしなければならないことって何なの?』というかのどちらかです。いいですか、私たちはいま、源と共生の関係を築きはじめているところなのです。そしてそれこそが結局のところ、“目覚めること”を意味するのです。“目覚めている”というのは、自分が、内なる“真実の存在”と共生の関係にある、という事実をわかった上で、物事を決めていく、ということを意味します。私たちは、私たちのソース(源)と共生の関係にあります。その“光輝く無限の存在”は、“神の腕の手“のようなものです。 私たちはその、神の腕の手、または“光輝く無限の存在”なのです。この断片なしでは、源の断片がなくては、この手は無経験のままです。それはまったくうまくいきません。それは動きませんし、それは何も経験することができないのです。しかしそうかといって、この手が経験することなしには、源は、からっぽです。それはそれ自身では何も経験することができないからです。つまり、私たちは手のようなもので、私たちが経験した情報を源へ送り返します。源は、われわれの経験がゆえに学び、成長し、拡大していくのです。というわけで、われわれの存在は、非常に貴重なのです。なぜなら、私たちが、なんでもかんでも経験するとき、すべての情報が源へ送り返され、宇宙の拡大と成長が起こるからです。その手が情報を、本体(源)へと送り返すとき、私たちが理解しないといけないのは、手が経験することに、よいこともわるいこともないのです。ただ私たちに喜びをもたらす経験か否か、ということだけが問題となってくるのです。もし、ある経験が私たちに喜びをもたらすなら、私たちはそれによって高い周波数をうみだすことができます。もし、ある経験がぜんぜん喜びを私たちにもたらさないものならば、二度とそのことをしないようにするのです。この、手の知覚したものが体へ送られるのと同じ在り様で、我々は、我々の源と関係を持っているのです。そこには、罪というものはありませんし、審判もありません。恥ずべきこともありません。これらはみな、あなたが自身に張り付けない限り、または、この世でのあなたの経験を通じて自分にもたらさない限り、そんなものは存在しないのです。



(翻訳:kiyomii)





posted by コユキ at 12:38| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『Shelley’s interview Video #1』

 
 
 Fire the Grid II :: Be Present.より
『Shelley’s  
 interview Video(1)』
(2009/3)
 を日本語に訳しました。


+++++++++++++++++++++++++++


「シェリーのインタビュービデオ(1)」


なぜ彼らはこれをしたいのか?彼らにどんな関係があるのか?そこから何を得たいのか?彼らは私たちの周波数をキャッチしたいのです。ほら、ジョーの周波数がピッと鳴った。次はあなたの番。あなたは調整され、覚醒していて意識的に変化を起こそうとしているから、プルルルルッ!屋根を突き破って彼らの元へ信号が届くのです。ピン!アニーを見つけた!シェリーを見つけた!次はジョー。これで目星をつけた人たちの半分。もっと居ないかな。こういうわけなので更に2日必要なんです。ジョーは2回目の参加で、えー、彼らにはその印がわかっています。ジョーは異なった形の喜びとして2回目に参加することになります。ジョーは下のほうから参加するのでなく、もっと高い場所からの参加になります。だから彼らにはより多くのコードが届きます。彼らはそれを受け取って、「キャッチした!」と言うことになります。どうして私たちの位置を知る必要があるんでしょう?彼らは「我々はあなたたちが何人いるのか、どこにいるのかを知る必要があります」と言います。グリッドに点火した時に参加した人たちはそれぞれの周波数を発し、それを彼らは受け取りました。「 ここに一人いる!ここにも一人!」。彼らは実際にコードを受信し、それを保存しています。私たちの位置がわかっています。霊的に彼らは私たちがどこにいるか常にわかっています。私たちの周波数は真正のものだからです。つまり、彼らはあなたを探したければ、あなたを見つけることができます。でもそこにはそれ以上の意味があります。彼らは私たちが地球上のどこにいるのか知りたがっていて、それはこのエネルギーシステム、地球の渦、ボルテックスに関係しているのです。私たちは彼らにとってどのような位置にいるのでしょう?私たちのどれだけが、彼らにとって目覚めていると言えるのでしょう?彼らが望んでいることの中に、ダライ・ラマに仕える僧侶たちに「場」を支えてもらうというものがあります。ダライ・ラマに仕える僧侶たちが「場」を支えたとき、その一人の真なる信仰者が場を支えるという真実によって、千人もの人々の場を支えていることになるからです。一人の真なる信仰者が灯したグリッドの周りには千人もの人々が集っていることになります。そうして、まだ目覚めていない人々も、あなたがそのエネルギーの集団の中にいるために、その恩恵を受けます。あなたのまわりには磁場ができていることになります。この存在たちは積極的に私たちの配置を確認しています。私たちがどこにいるのか、どれだけいるのかを知りたいのです。私たちが移行しつつあるシステムはすべてエネルギーがベースになっていますから。彼らは、以前にもこうしたことがあったと言っています。私は、ほかにも波動のシフトを経験した惑星系があると思っています。波動のシフトはそんなに目新しいことではありません。私たちをはじめすべてのものの本質は周波数なのですから。彼らは言っています、「私たちはすでに見てきました、手助けしてもうまくいかないときにどういうことになるのかを。多くの困難がやってくるでしょう」 私が「どうしてこんなことをしなければならないの?私たちに何をさせたいの?」と聞くと、彼らは「あなたたちを助けたいのです」と言います。そこには、私たちが個人として関係することは何もありません。ただ地球は宇宙という身体の組織であるだけなのです。つまり地球のエネルギー磁場は病に侵されていて、私たちは宇宙という身体の中では癌なのです。私たち人類、私たちの地球、私たちのシステムは癌です。でもそれは私たちが悪い存在だからではありません。私たちが悪魔だったりネガティブだったり、私たちがどうこういうせいではありません。私たちはすべて光の存在として地上にあって、この人生を経験してい ます。私たちの磁場がそれほど重苦しく濃密なことが問題なのです。私たちが宇宙という身体に貢献していないということが問題なのです。どちらにせよ、こうしたシフトは起こります。地球は宇宙という身体のなかで生きた一片にならざるをえなくなるでしょう。彼らは私に地球と、それが何であるかを見せてくれました。それは調和した宇宙の姿でした。私たちは現時点では理性の壁を超えていくことができませんが、彼らが見せてくれたものは人の理性で考えうる限り遠くまで広がる、調和した姿でした。彼らが私を地球に連れ戻し、現在の磁場にある地球を見てみると、それはまるで地球とその中身がまるごとセルロースの子宮の中にいるようでした。私はなにも、この場所やこの本やテーブルがどうしたなどと言っているのではありません。私は星や銀河、存在たちについて話しています。私たちの磁場にあるものはすべて生まれたてで、幼児期にあると言えるでしょう。とても長い間、妊娠期にあったと言えるでしょう。宇宙は見つめてきました。彼らは、この壮大な実験からどんなものが生まれてくるのか、かたずをのんで見守っています。この壮大な実験と計画から、かつてなかった場所から。 この実験は一見小さな奥行きのないものに見えますが、実はそうではありません。地球のような体験の場所はこれまで存在しなかった、しかし今は存在している。だから彼らはその成長を見守っているのです。あなたがそれに命を与え、場は自ら命を受け取りつつあるのです。



(翻訳:かば)




posted by コユキ at 12:05| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

You Tube "Ready to Go Home"



You Tube映像の日本語版が出来ました。

ブログのTOPに常に表示されています。



posted by コユキ at 08:24| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

『Project Cause Part 1』


 Fire the Grid II :: Be Present.より
『Project Cause Part 1』(2009/3)
 を日本語に訳しました。


+++++++++++++++++++++++++++



プロジェクト・コーズ
パート1



ビジョンを受け取る継続的な過程で、私はあることを
発見しました。実際には時系列というものは無いとい
うことです。起こってくる事柄を単純に見ることは
あっても、それがいつ起こるのか確信が持てないこと
があります。プロジェクト・コーズについて、私は事
あるごとにお話してきました。一言で言うと、それは
地球規模の非常に大きな影響をおよぼすプロジェクト
です。彼らがその一側面ずつ私に見せてくれるまで
その巨大さについて、私は全く理解していませんでした。
それほど圧倒的で、不安が高まる状態を引き起こすよ
うなビジョンでした。


新しいビジョンを皆さんと分かち合いたいと思います。
でもそれは、プロジェクト・コーズのビジョンを置き
換えるものではありません。代わりに、私たちのなか
に目覚める人たちが増え続けている中で、どのように
したらプロジェクト・コーズがより現実的なものとな
るか、皆さんに考えていただく助けとなるものです。


人間的に「やり方」に深く囚われていては、日常の
事柄を処理していくことは大変です。私の存在たちは
ある考えを分かち合ってくれました。「十分な数の
ハートが一つになって最上の周波数で響き合うなら
物質的な必要は全て、それぞれ違った形で顕在化し
満たされるだろう」と。私たちは、以前のように
日常を処理していくことはできなくなるでしょう。
むしろ、ハートの中で生きていくようになるでしょう。
そこでは、私たちは、時間やお金を第一の、唯一、
本当の理由―つまりマズローの欲求段階説の最下層
の欲求を満たすためにつかうべきであると求める
ようになるでしょう。私たちの世界の基礎は全ての
ための調和した平等と豊かさをもって再構築される
でしょう。今この瞬間にヒトという形をとっている
私たちは、そんなことは想像すらできない1つの
可能性だと疑ってしまいがちです。でもいったん
私たちの中の十分な数が目覚めたなら− 断言しま
す− 極限の完全性をもったプロジェクトが始まり、
人々、資源、そしてエネルギーがもたらされる
でしょう。物事はそのように運ぶでしょう。


私たちが自らの現実を作り出すということはつまり、
隣人、友人、見知らぬ人との間でさえ分かち合いを
実践するようなとき、私たちは高周波を発します。
一人一人が高周波で響きあうとき、私たちは惑星
全体を変えるでしょう。霊的にというのではなく
目に見える形で。それぞれの「私」が自らをいた
わり、自らの高周波を発するようにしていけば、
「私たち」ができあがります。その「私たち」こそ
プロジェクト・コーズを行うために必要で、多くの
ことが現実となるでしょう。最初にそれが存在する
ことを夢に見ると、次にそれはこの地球上の平原に
現れるでしょう。信頼、信用、誠実さ、そして皆さ
んの開かれた心が、夢を現実にするのです。


私は、知りえたことを分かち合っていくつもりです。
でも今、私が皆さんにお伝えできる最も重要なことは
皆さん自身の庭に注意を払ってくださいということです。
皆さんの庭の世話をしてください。愛をもって、世界中
の人たちとそれを分かち合うという考えをもって。
「どのように」という詳細や、その他のことはおのずと
明らかになるでしょう。


ひとまずここでは、アニー、ブラッドフィールド、
そして私がFire the Gridを作り出したときと同じ原則
を使って基礎を作ることを始めましょう。このウエブ
サイトの拡大に、時間やエネルギーを提供してくださ
った方々一人一人、全ての方々が、同じ姿勢で臨んで
います。それらは「意図の純粋さ」の原則です。そし
て創造すること、人類の偉大なる向上のために物質的
利益思考やその他の執着した期待をもすることなく、
各々に備わった天分を与え、分け合う行為へと向けら
れます。これを目的としたいかなる行動がなされた時も
素晴らしいことが起こります。なぜなら、私たちは高位
の自身と響き合っているからです。そしてヒトとして
ここにやってきた目的を果たすからです。私たちのより
多くがそうするほど、集合体としての周波数は高まり、
臨界を迎えた後、私たちは探し求めていたものへと一飛
びに導かれるでしょう。その時物事は驚くほどあっとい
う間に変化するでしょう。


他の人たちと皆さんの最大の喜びを分かち合うという、
基本的な考えにすぎないところから生まれたプロジェク
トは、今あなたのものになろうとしています。世界へ
差し出すための素晴らしい天分や贈り物を持っていて、
分かち合いというよりもむしろ喜んでそうするという
人々が非常に多くいます。お返しすることに喜びを感じ
たり、そうしたいと欲する人々もいるでしょう。でも
多くの方々はエネルギーをどの方向に注いだらいいのか、
ただポジティブな変化を起こすためにどうしたらいい
のか、迷っているかもしれません。あなたのスキルや
才能、情熱、または趣味であっても、一人一人に、あな
たにしか提供できない貴重な何かがあります。「意図の
純粋さ」のなかで魔法は起こります。それを経験するこ
との完全な喜び、ただそのためだけに行動してみてくだ
さい。


FTG IIIに参加したときのように、グリッドにあるあなた
の六角形に点火してください。あなたのストーリーや経
験を”CRITICAL MASS”に書き、全世界へ発信してくだ
さい。あなたはもう、大いなる変容においてカギを握る
人としての役割を自身に認めるところまできています。
あなたが提供できるものを、意識的に選択して私たちに
知らせるということで、あなたは意図を明確にし、次に
やって来ることへの基礎作りに参加することになります。


このことがもしもあなたに響くのなら、あなたが誰で、
どこにいて、どのように貢献したいのか、下のボタンを
クリックして私たちに教えてください。
(訳注:英語サイトの”Share your joy”をクリックする
 と英語のフォームが表示されます)


私たちは宇宙に対して私たち自身の意味を明らかにしま
した。次のステップは私たちにしかできない、地球と大
いなる天主の間のパイプ役という役割に、どのようにし
て参加し、どのように責任を果たすかという選択です。



Share your joy
あなたの喜びを分かち合いましょう





(翻訳:かば。mihow。掲載4/28)








posted by コユキ at 00:00| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『Testimonials』


Fire the Grid II :: Be Present.より
『Testimonials』(2009/3)の和訳です。



*サイト管理人より
 2009/7/17のイベント参加の感想は多数あるため
 無作為に選んだ数件のみ紹介させていただきます。


+++++++++++++++++++++++++++




『Testimonials/証言』


次の報告は、2007年7月17日のFired the Gridの時に起こった出来事について、みなさんの言葉で、そして力強い歴史的な記録を代表するものとして、真に喜ぶべきものです。FTG IIIのイベントから何千もの信じられないほど素晴らしい報告を受け取り、みなさんとそうした多くの報告を、最終的に世界84カ国以上にまたがってシェアすることができることを光栄に思います。これらの報告を整理しましたので、世界のどの地域―地理的地域や個々の国からもコメントを探しやすいようになっています。これらは私たちに送られてきた、美しく、洞察力に富み、興味深く、心からの、賢く、そしてユーモアすら感じる報告をほんの少しサンプルしたものにすぎません。みなさんの体験をシェアしてくださる方達すべてに感謝します!





南アメリカから
アルゼンチン

その日の朝早く、8時にPranicヒーリングのTwin Heartsという、地球の癒しとヘブライ語の詩篇19を読むことになっている瞑想を行いました。私は普段よりも活力に満ち、自分の手から来るとても素晴らしいエネルギーの質を感じました。それはまるで私が助けるために何かをしているように本当に感じられました。7月16日に一通のe-mailを受け取り、私のすべてのスピリチュアルな友人たちにメールをしたので、彼らも愛に対して変化をもたらすことができました。
- Gail A. (ブエノスアイレス,アルゼンチン)





オーストラリア&ニュージーランドから
オーストラリア

私は、幸運にもアデレードにある形而上学センターで約50人のグループと参加する機会を得ました。瞑想の最中、私は多くのことを「体験」し、非常に強いエネルギーを感じました。時々、席から持ち上げられるように感じ、不意に心の中で“OM SHANTI” (宇宙の平和)と唱え始めました。するとすぐに、エジプトの大ピラミッドが見え、それを上空から見ながら、ピラミッドの地下におりていく4つの方向から発するエネルギーのラインを見ました。そして、頂上から真っ直ぐに白い光が…回転し始めました。その時にワームホールのように見えるものを通り抜け、南アメリカにあるピラミッドへ出てきました…それから先住民の長老たちが一列になって微笑んでいるウルル(※エアーズロックのこと)へ、そしてロシアやタイなどなど…それから回転し続けているピラミッドへ戻ってきました。そして、母なる地球がとても多くの手であやされ、注がれる虹色の光のリボンと共に、愛情を込めて地球を見つめるとてもたくさんの笑顔のまなざしを見ました。戦場で銃をおろし、お互いに抱擁しあう男達や世界中で笑いながら抱きしめあう人々を見たり、砂漠が瑞々しい緑の草で繁茂する様を見たり、花々や野生生物が…本当に静穏で…たくさんありすぎて取り上げることができません。この「計画」を勇気を持って最後までやり遂げたシェリーと、この時に、私達の神聖な部分を満足させる機会が許されたことに感謝します…私はとても神聖さを感じ、このプロジェクトに参加する幸運に浴しました…私は、その時が近づくにつれて、この時この星で為すためにここにいると感じたことを、多くの友人に話しました。感謝と神の恵みを! OM SHANTI(宇宙の平和)
JENNY F. (アデレイド, 南オーストラリア州, オーストラリア)







日本

私達はヨガのエクササイズをしながら母なる地球を癒すために祈りました。その後、私は自分の振動が高まるのを感じました。自然と動物たちの感情を感じやすくなりました。自然のグリッドに触っているような感じです。私は、友人達に「ファイアーザグリッド」の運動を広め続けています。あなたの新しい試みに会うことを本当に楽しみにしています。ありがとう。
Ringonoki (Fukusaki, 兵庫県)






(翻訳:mihow。掲載6/22)




posted by コユキ at 00:00| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『FAQ』

 
 Fire the Grid II :: Be Present.より
『FAQ』(2009/3)の日本語訳です。


+++++++++++++++++++++++++++


FAQ

・2007年7月17日に、何が起きたのですか?
・なぜエネルギーは水晶のベッドに貯えられるのですか?
・FTG Vに参加したとき、みんなどのような体験をした
 のですか?
・ロゴにある石の柱には、どんな意味があるのですか?
・FTG Vの石の後ろにある金色の物体は何ですか?
・「空」の異なる2つのイメージは、何をあらわして
 いるのですか?
・プロジェクト・コーズのパート1にむけて出した
 私の個人情報は、どうなるのですか?
・イントロのページと、ウエブサイト全般にわたって
 流れている音楽は何ですか?
・ オリジナルの「Fire the Grid」サイト、または
 シェリーのお話はどこで見られるのですか?
・あなたたちの行動をサポートし、財政的にも
 助けたいと思います。寄付を受け付けていますか?
・Tシャツの売り上げから得られる収入はどうなるの
 ですか?
・私の住んでいる地域に関して、FTG Uの正確な
 当地時間は、どうしたらわかりますか?




Q: 2007年7月17日に、何が起きたのですか?

A: 宇宙の裂け目から驚くべきエネルギーが地球に注がれ、世界中の何百万という人々が、この惑星にポジティブな変化を望む人間として、「存在の意味を明らかにしたい(Be Defined)」という自らの意志を宇宙に送ったとき、地上を覆うグリッドは充電されました。このエネルギーは地球の水の循環系に集められ、一年かけて地球中を巡った後、2008年7月28日よりブラジル地下の水晶のベッドに蓄えられています。


Q: なぜエネルギーは水晶のベッドに貯えられるのですか?

A: 水晶は生きています。自分たちにわかる方法で存在し、いたるところでエネルギーを蓄えるために使われています。水晶は増幅器のような働きを持っています。2009年7月28日のリオ・デ・ジャネイロ現地時間19:19、私たちがグリッドに点火すれば、水晶は内部のエネルギーの周波数を上昇させて天上へと返すことができるはずです。



Q: FTG Vに参加したとき、みんなどのような体験をしたのですか?

A: 皆さんからは、2007年7月17日にFTG IIIの1時間をどのように過ごしたか、驚くべき経験談を皆さん自身の言葉でつづられたご連絡を、何千にもわたって送っていただきました。



Q: ロゴにある石の柱には、どんな意味があるのですか? そして何故、今回の石は3つではなく2つなのですか?

A: 石の柱は目覚めの記号でありシンボルです。ご覧になると、あなたの一部が「ここに真実がある」と感じることでしょう。Fire the Grid IIIでは石の柱が3本と冠石がありました。FTG IIでは石の柱2本と冠石になりました。



Q: FTG Uの石の後ろにある金色の物体は何ですか?

A: 三脚巴紋です。彼らが私にそれを見せたとき、まるで誰かが金から切り出し、鎌のように研いで鋭利にしたかのようでした。それは液体の光でできていて、くるくると回り、私たちが前に進むことを表していました。この紋章は、未来へと突き進む姿です。



Q: 「空」の異なる2つのイメージは、何をあらわしているのですか?

A: 一つ目の空はピンクの雲に影が差していてどんよりとしており、もう一方は、暁が明るい未来へと一気に進むことを待っている様子を表しています。二つ目の雲の切れ間の空は、今現在、気づけば曇った道のりから離れ、確かな方向にいるところを表しています。夜明けの前には空は最も暗くなるものですが、その後には光がやって来ます。



Q: プロジェクト・コーズのパート1に向けて出した私の個人情報は、どうなるのですか?

A: 皆さんの個人情報は安全・機密に私たちのデータベースに保管されます。私たちは、教えていただいた皆さんの才能と最大限の喜びを、最高の形で活かせるよう実行計画を用意します。



Q: イントロのページと、ウエブサイト全般にわたって流れている音楽は何ですか?

A: イントロのページの音楽は、「Upon a Restless Night」という曲で、アナエルの「Light of Refinement」というアルバムからのものです。ウエブサイトの主要部分で流れている音楽は、「A New Beginning」という曲で、ブラッドフィールドの「Within our Reach」というアルバムからのものです。



Q: オリジナルの「Fire the Grid」サイト、または
シェリーのお話はどこで見られるのですか?


A:ページの左側にある FTG III (07-17-07) (Shelley's story)というリンクをクリックしてください。オリジナルのFTGサイトが開きます。



Q: あなたたちの行動をサポートし、財政的にも助けたいと思います。寄付を受け付けていますか?

A: "Fire the Grid"は地球規模の慈善運動であって、組織でも基金でもありません。私たちのサポートをしたいと望んでくださるのなら、最良の方法は参加していただくことです!
または私たちの活動の広告塔となってください。フリーのポスターをダウンロードして配っていただいたり、Tシャツやその他の宣伝物をご購入ください。



Q: Tシャツの売り上げから得られる収入はどうなるのですか?

A: CafePressから得られる収入の大半は、品物の製造とCafePress自身の活動費用に回されます。私たちの利益は、このウエブサイトの作成、運営、維持に使われます。



Q: 私の住んでいる地域に関して、FTG Uの正確な当地時間は、どうしたらわかりますか?

A: 世界時計のページがサイトの目次の欄の下の方にあります。これでFTG IIイベントについて、あなたの正確な当地時間がわかります。





(翻訳:かば、mihow。掲載5/5)








posted by コユキ at 00:00| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『The Synchronicity with Bradfield』

 

 Fire the Grid II :: Be Present."Updates"より
『The Synchronicity with
 Bradfield』
の和訳です。


+++++++++++++++++++++++++++



『ブラッドフィールドとのシンクロニシティー
 (共時性)』


ブラッドフィールドと彼の音楽とのつながりについては、これまでもいくらかお話してきました。今はもう少し詳しく、アナエルとブラッドフィールドのワークが私のものとどのようにリンクしているかをお話したいと思います。


2005年の暮れに、私は美しい、ある若い女性に出会いました。彼女は、自分のビジョンを私に話してくれました。そのビジョンが、私がFire the Gridに関して受けていた方向性とあまりに響き合うものだったので、私はこの偶然を無視できませんでした。その女性がアナエルです。そのときに彼女と私が分かち合った、信じられないような経験については、ここでは詳しく触れませんが、それでも私たちはとても親しくなり、彼女を通じて私はブラッドフィールドと知り合いました。ブラッドフィールドに会ってみると、私たちには、はじめに想像していたよりもずっとたくさんの共通点があることがわかりました。


私の存在たちは、私たち三人が揃えば、みごとな連携が創りだされるだろう、と言っていました。明らかにブラッドフィールドと私は、その前からペアとしてのつながりがあり、それでまた出会ったのです。出会ったとき私たちは、互いにやっていくには最も取り組みがいのある困難な状況にあり、と同時に二人とも、互いにぴったりとはまり合うパズルのピースを持ち寄っていたのでした。そういうわけで、ブラッドフィールドが彼の音楽を私と分かち合おうと思ったことは、別段、驚くに足りませんでしたが、それ以上に驚いたのは、天使のようなアナエルの声ばかりでなく、そこにはもっと何かがあったのです。それは、音楽や歌詞の根底にある何かで、平和の場所へと私を導いてくれました。美しい歌詞とうっとりするような音楽の中に、私はある音色を聞きました。これらの音色は耳の中で繰り返し響き続け、音楽とともに音色に込められたFire the Gridに関するインストラクションも聞きました。ブラッドフィールドと私はしっかりリンクしていました。


私たちの間にリンクがあることは明らかでしたが、そのときは何故かはわかりませんでした。でも今ならわかります。私たち存在の“真の姿”とは、音色のようなものです。宇宙は、ただこの方法でのみ、私たちとコミュニケーションするのです、つまり音色と周波数を使うのです。アナエルとブラッドフィールドの音楽に込められた宇宙的な音色は、私の心に語りかけてきました。そして、その導きに従って、Fire the Gridに関するすべてのものが出来上がりました―『 Spiritual Beings on a Human Journey 』の曲を聴きながら―すべてのものが… 正確な寸法の綿密に暗号化されたシンボルから、石の下に隠された絵や、私たちがテキストやリンクに使う色彩さえも。その作業は素晴らしいものでした。それは、細かな点を説明してくれるグラフィックデザイナーがそばにいてくれるようなもので、ブラッドフィールドは私の聞き取ったインストラクションに忠実に従い、彼の曲の音色の中に、それを、みごとに再現してくれました。彼自身、そうした音色が込められていたということを、わかっていませんでした。そうと気づかずに音色を埋め込んでいたのです。こうしたこと自体が、信じられないほど素晴らしいことです。


当然のように、私はブラッドフィールドの音楽の多くに込められた、音色を聴くようになりました。存在たちは、このようにして私にメッセージが届けられること、そして私がどのようにそれに耳を傾け、自分が耳にしたことを解釈して世界と分かち合うか、を教えてくれました。私が音色に耳を傾けると、それらがストーリーを物語るのです。ブラッドフィールドは 気持ちを高揚させるような音色と宇宙の周波数とを、チャネリングする媒介なのだと、存在たちは説明してくれました。彼が神とつながった状態にあるとき、彼自身の人間としての意識のレベルでは気づいていなくても、魂のレベルでは、これらの人生を変えてしまうような音色を聴き、それを彼の音楽に埋め込む能力を発揮するのです。


私は、Fire the Gridの第二段階には、ブラッドフィールドの『Buddha Spirit』というCDを使うように、とインストラクションを得ています。面白いことに、このアルバムは、FTG III準備の初期段階を進めるときにも使ったもので、今ではその重要性について、さらにたくさんのことを聞かされています。チベットのマントラを用いて、ブラッドフィールドは、人類が長らく経験していなかったほどの、これまでで最も高い周波数を探し出しました。仏教の修行僧たちは、真実を知っています。なぜなら、彼らの神とつながるための中枢は開いていて、彼らは、神とつながった状態を表すものとして、マントラを用いていたからです。ブラッドフィールドが東洋の、時代を超えたサンスクリットのことばと、彼自身がチャネリングして得たものを一つに融合させたとき、結果は信じがたいほど非常にパワフルなものでした。偶然にも、『Buddha Spirit』はぴったり一時間の長さで、今回の瞑想の時間と同じ長さです。人生には偶然などなく、神聖なる正確な秩序しかありません。私は今回のFTGの日には、『Buddha Spirit』を聴こうと思っています。魂を高揚させるこのアルバムがもたらすものを、私は楽しみにしています。人類はふたたび、余韻のような音(トーン)のエネルギーから恩恵を受けるでしょう。


音(トーン)のエネルギーに関していえば、ほぼ3年ぶりに私が再び、『Spiritual Beings』というアルバムをかかえてバスタブでの瞑想へと引き戻されたとき、私はそのアルバムを、まったく新しい方法で聴きました。3年前、インストラクションをもたらしてくれた曲は、まるで違う曲のように響きました。というわけで、今回は違う曲からではありましたが、再びインストラクションが私に与えられました。今回は、フランスの歌で"Etre Sans Age" (大まかな訳ですが、「時代を超えた魂」の意味)という歌のなかに、その何かは潜んでいました。その他にも2つか3つのフレーズが私の目にとまりました。「神の手をたどって(Trace the hand of God)」は、神と強烈につながっている感覚を感じさせた曲の一つです。「たどる(trace)」に込められた意味は、「あなたのいる場所をしっかり固守し、今度はあなた自身の価値をしっかりつかみなさい。そして自分という存在の神聖さを感じるのです。」ということです。これがあなたという存在の真実なのです。もうひとつは「あなたの愛を流れさせて、神聖なハートに届けよう。そうすればあなたは、あなたのハートが輝くのがわかるでしょう。」というものでした。そこに込められたすべての情報を拾い上げて吸収し、活用するために、私はこのアルバムを、6ヶ月間、何度も何度も聴きました。その中のある一曲が、私がもっとも絶望的になっていたときに、ブラッドフィールドの言葉という形ではありましたが、私の魂に語りかけ、導きを与えてくれました。また、生身の人間の私の部分にも、響くものでした。


ごく最近起こった、ブラッドフィールドの音楽とのシンクロニシティーを、もう一つご紹介します。13年以上も前、まだ私たちが出会うよりずっと以前のことですが、彼とアナエルは『落ち着かない夜に』という曲を作曲しました。その曲は、アナエルのデビューアルバム『Light of Refinement』に入っています。ごく最近、私は光の友人たちから私の使命のことを聞かされました。それによると、ブラッドフィールドがその当時作曲したものは、将来こうなるだろうと彼自身が知っていたものだったのです。それらは、彼の紡ぐコード(旋律)に織り込まれたメッセージだ、ということでした。そこに私が聴いたものは、本当に信じられないようなものでした。まるでこの曲の一行一行が、私の人生と直接的に共鳴し、私の経験したことを表現しているかのようです。私がどのようにして空に舞い上がり、これらの音(トーン)と戯れたかを語っています。存在たちは私をある部屋へと連れていきました。そこはすべてが液体の光で作られていて、私はこれらの音(トーン)のことと、それをどう解釈したらいいのかを教わりました。一つ一つの音は、“真実のシンフォニーの中の一つずつの音符である”、と彼らは言いました。特にコーラス部分は、まるで私のために作曲されたのか、と思わせるほどでした。「人の誓いにあなたの真実がある、そのスピリットの中に:あなたの役割は明らかにされる、この人生はあなたのものだけれど、他にささげるもの、光はあなたを見放さない...」私がお話しすることはすべて真実に基づいています。そして、その次の一行は眉間への一撃のようでした。「あなたの役割は人類が誓う真実によって明らかにされる。人びとの生活の場から始め、神とのつながりと喜びを持てるようになるまで、与えていかねばならない」というように。二つ目の詩はまったく感動的でした。「地の束縛から解かれ、高く持ち上げられ、山の頂で私は愛を感じる、広めるために生まれてきたことに。一人、また一人、人々は調和をなす。幾世代にもわたる叫びは合唱となり、叡智と歌声の新時代を告げる...」子供のころ、私はいつも愛のことばかりしゃべっていました。でもそのことをはっきり思い出したのは、つい最近のことです。より深く聴きこむと、このアルバムの他の曲にも、この独特の音(トーン)が込められているのがわかりました。特に、歌詞のない『Birthing Clouds(生まれ出でる雲)』という曲にも音(トーン)が込められていました。この曲を聴いて、私は純粋な喜びで、穏やかなけいれんを起こしたようになりました。


ブラッドフィールドの音楽は、聴くものを喜びで満たします。でももっと重要なことは、そこには私たちの世界を超えたところからのエネルギーが織り込まれている、ということです。耳で聴くのではなく、魂で聴くのです。そこにある真実の周波数は明らかです。
もう一つ述べておきたいのですが、ブラッドフィールドはこれらの存在たちから、彼のたくさんの曲を無償で、このFire the Gridプロジェクトに提供するように、とリクエストされました。 何の疑いもなく、彼はそうしました。 私は、彼のこの贈り物に感謝します。このリクエストの理由は、何百万という人たちに無償で、音(トーン)のエネルギーを届けるためだったのです。そしてこれまでに、無償で一千万回以上もダウンロードされました。


この音楽は、素晴らしい経験をともなって、世界中で分かち合われています。ブラッドフィールドの音楽は、ADDや注意力散漫とされている子供や大人たちに、不思議な効果を示します。音の共鳴は、多くの癒しのセッションや、意思の疎通が難しい子供たちに語りかけようとする教師たちによって、これまでも使われてきました。この素晴らしい音楽は私の人生を永遠に変えました。皆さんにもぜひ体験していただきたいと思います。



たくさんの愛を、

サモイヤ・シェリー・イェーツ





(翻訳:かば、kiyomii。掲載6/27)






posted by コユキ at 00:00| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『March 17, 2009 letter from Shelley』

 

 Fire the Grid II :: Be Present."Updates"より
『March 17,2009
 letter from Shelley』
(2009/3)
の日本語訳です。


+++++++++++++++++++++++++++



「2009年3月17日 シェリーからのレター」


「メッセンジャーはさらに続けた...
 彼の手の平で渦巻く言葉は、自分の人生よりも、
 人類にとって貴重なのだという深い気づきに
 衝き動かされるように...」−ブラッドフィールド



Fire the Gridの親愛なる友たちへ、

この世が始まって以来、私たちにはメッセンジャーがいました。彼らは、聖なる源からのメッセージを人類の耳元へと届けてくれました。2007年7月17日のFire the Gridというイベントのため、私は、そうしたメッセンジャーになるように指示されました。私はその指示を厳守し、人間という一つのグループとして、私たちは地球のグリッドに見事に点火することができました。それにより、地球の周りのフィールドは再活性化し、人類はこれまでとは違った方向へと勢いよく放たれました。私たちは共に、この結束の中で、とてつもない快挙を成し遂げたのです。


あの極めて重要な日から、私はずっと沈黙していました。そしてようやく、この1年半何をしていたかを、皆さんにお伝えすることができるようになりました。私は単なるメッセンジャーに過ぎない、ということを忘れないで下さい。これまでと同様、メッセージを伝えるということは、多くの場合、人間の体やエネルギーフィールドに多大な負担をかけるのです。


自らへと至る長い旅路を歩いてきた私は癒され、強くなって、残してきた続きを再び始めることができるようになりました。この18カ月間、心と体とスピリットとの繋がりに手こずりましたが、それは努力に値するものでした。体調は絶好調で、体重を40kg落とす間に、より必要としていた自分への信頼も取り戻すことができました。積み重なった疑いや不信はなくなり、肉体的な健康とスピリチュアルなつながりのある新たな環境の中で、私は強くなりました。私の人生は満たされた素晴らしいものです。素晴らしい友人と支えてくれる家族がいて、幸せです。これまでで最も恵まれているといえるでしょう。


新しいメッセージをひとつお伝えします。私は、慎ましくも前進する覚悟をもって、みなさんのもとにやってきました。世界中とシェアしたいメッセージがたくさんあります。それらのメッセージは、皆さんの個々の振動周波数のフィールドを高め維持するものであり、素晴らしい変化の時を生きる私たちを支えるもの、道のりを容易にするための方法です。


地球上の人々へのメッセージには、まだ続きがあります。メッセージは集合的なエネルギー源からやってきていて、その源の唯一の願いは、私と同じように豊かに祝福されている私たち全員を見ることです。彼らの指示により、3月28日、私たちはウエブサイト上でFire the Grid(U)を始動します。


アニーとブラッドフィールドは、揺るぎない信頼をもって私の帰還を支えてくれました。彼らは、私の最も困難だった旅を、断固としてサポートしてくれました。私は、この場で改めて2人へ、愛し感謝していることを伝えたいと思います。彼らがいなければ、Fire the Gridは、いかなる形でも存在しませんでした。心の底から2人に感謝と愛を捧げます。アニーとブラッドフィールドは、私が不在の間、皆さんとコンタクトできない状態にとても苦しんでいました。Fire the Gridの始まりの日から、ブラッドフィールドには確固たる想いがありました。それは、Fire the Gridのサイトには、私自身の言葉と、私が光の友人たちから直接受け取った言葉しか載せない、というものでした。2人は沈黙していた間も、困難ながらもいつも誠実に、このことを尊重してくれました。2人から皆さんにお伝えしたいことがあります。それは、皆さんの彼らの音楽に寄せる素晴らしいサポートと、多くの皆さんとの間に培った関係を、彼らがとても大切にしているということです。


私の準備はできていますが、傷つけたり失望させてしまった人たちにお願いするということは、自分を最も謙虚にさせます。それこそが、今、私のすることなのでしょう。どうぞサポートをお願いします。愛のメッセージというサポートを。個々のフィールドを上昇させるための物理的インストラクションの分かち合いを。これは地球全体のフィールドを上昇させることにつながります。


なぜこんなことをするの、とあなたは尋ねるかもしれませんね?
答えは、新しい時代へ向けた変化を容易にするためです。


Fire the Grid及びそれから派生するプロジェクトに、謙虚に皆さんのサポートをお願いするにあたり、私は最上で最も純粋な意思をもって常に光の中を歩き、たとえどのような形を取ろうとも、私にできるベストな方法で真実を提示すると、約束します。私はFire the Gridの熱烈な奉仕者であり、私が知ることとなった全ての試みをせずにはおれないのです。


私は今、自分が誰で、なぜこの時代にやってきたのかを覚えています。私は導かれたいと願い、実際にオープンでいます。ガイダンスに配信役に、私はこの身を委ねています。


私は、未来がどうなるか予見したり、私や他の2人が「どのように」事を起こすかの詳細について話すことはできません。私はただ皆さんの前に現われて、自分自身を差し出すだけです。私は自分が導かれるだろうことを知っています。


Thank you. Thank you. ありがとう、私の大切な友だち。あなたがたのこれまでのサポートに感謝します。私たちがどのような道を歩むことになろうと、そのサポートを誇りに思います。皆さんをこの上なく愛しています。皆さんの人生から消えてしまったことをお詫びします。今あるような私になるためには静養が必要だったのです。


それでは改めて、私のメッセージが、あなたが知っている真実と(Fire the Grid(V)の内容もあわせて)共振するならば、3月28日、更新されたFire the Gridサイトを覗いてみてください。次にエネルギーの高まる日付や、次に何が起こるかについて、詳細をご覧いただけます。
http://www.firethegrid.org または
http://www.firethegrid.com



私たちは、2007年7月17日以降に受け取った、何千にも及ぶ皆さんの経験談もシェアする予定です。これらは私にとってとても貴重なものです。皆さんの言葉で、皆さんがどのようにFire the Gridの瞑想のときを過ごしたかを語って下さったのですから。


私たちには、失われた時間をとり戻すために、すべきことがたくさんありますが、聖なる源は慈悲深く私たちを導いてくれています。すべては聖なる秩序のもとにあります。



かたいハグを
サモイヤ・シェリー・イェーツ




(翻訳:かば、桔梗。掲載4/16)










posted by コユキ at 00:00| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『The Plan』



 Fire the Grid II :: Be Present.より
『The Plan』の和訳です。


+++++++++++++++++++++++++++



『The Plan/計画 』


Fire the Gridは人類を目覚めさせ、私たち一人一人が光の存在であると自覚した状態になれるかどうかがすべてです。ひとつひとつの光は自らの中だけでなく、他の人たちにも光をあてることができます。そしてFire the Grid IIIは、あなた自身の周波数を高めるものでした。喜びの瞬間に気づき感謝を捧げ、一人一人の場を照らした時、私たちはグリッドへ繋がり地球のエネルギーシステムに接続され、「私はここです」と手をあげて言うことができました。私の存在たちは、ようやく私たちを見ることができるようになり、そして十分な人数に増えたと、確たる様子で伝えてきました。


FTGの第二段階はFire the Grid IIと呼ばれます。それは「私」のパワーを使ってもう一度「私たち」として集まることです。最初のイベントと同じように、私の光の存在たちから伝えられた日時があります。あの重要な日以来多くのことが起こりましたが、約24ヵ月後に再びエネルギーが非常に強くなり、すべての人々が使用できる日がやってきます。私が言うエネルギーとは、最初のFTGイベントで使われた私たち自身の愛のエネルギーのことです。


説明しますと、

2007年7月17日のグリニッジ標準時間11時11分、宇宙の裂け目から生命力と覚醒の可能性に満ちた強い力が降り注ぎました。源のエネルギーが注ぎ込まれたその力は、それを欲しいと望むすべての人に向けられました。パイプであり、望めばアンテナにもなれる私たちは、このエネルギーを受け取って自らに充てんした後、地中の水の循環系へと渡しました。と同時に、私たちが育み蓄えた受容と喜びと感謝の愛のエネルギーもまた、このエネルギーと共に私たちを通って水の中へと入っていきました。エネルギーを取り込んだ水の循環は、地球中をまわりながら癒し始めます。一年かけて地球を巡ったエネルギーは、ブラジル地下にあるクリスタルの鉱床に集まり蓄えられています。水晶は生きていてそれ自体に実体があり、人間1人を内蔵することもできます。2008年7月17日よりエネルギーを蓄えているこの水晶の鉱床は、ブラジル地下から可能性の振動を発しており、今年7月にエネルギーを解放する準備が整います。このエネルギーは、今の場所にいてはバランスを崩してしまうため、源へ戻らなければなりません。私たち皆がいつかそうなるのと同じように、すべてにはバランスがあるのです。


目にして、信じられたら、創造してください。


Fire the Gridのエネルギーは故郷に帰る準備をととのえ、空はその旅立ちのために開放されています。私たちは再びその日のエネルギーを取り込み、私たちを経由して創造の源へと送ります。このエネルギーは無垢な潜在力であり、純粋な愛であり、本物の豊かさ、そして純然たる創造力です。同じ1つの目的のために1時間、心をひとつに合わせた何百万人のエネルギーには非常にパワフルな顕在力があります。


人類を再び一時間の間ひとつにするようにと、私は言われています。共に座って、世界の将来をよく考えましょう。これは最も純粋な意図による、地球上での創造の一時間となるでしょう。瞑想、祈り、思考、音楽、意図、、私たちがそうありたいと願う世界を明らかにするため、あなたに合うツールを何でも使ってみましょう。何百万という人たちが座って、より良いものを明確にしていく、調和と喜びが等しくバランスした世界、、そんな様子を想像してみてください。私たちは一時間集って、世界が満たされた様子、すべてに豊かさが行き渡った世界、喜びに満ちた体験の世界のビジョンを分かち合います。この世界には、全人類のための純然たる潜在力があります。

この様子を心に、世界がどんな風に見えるか、心の中で描き始めましょう。青々とした野原、美しく澄んだ川、きれいな空気、全ての人々のための豊かさ、ほほえむ人々、幸福、お腹が満たされ、大切に思われている様子を。分かち合い、協力的な人々も見てください。どんな風に見えるかって?シンプルに想像し、リアルに心に描いてください。イマジネーションは私たちの創造の絵筆です。この特別なエネルギーに満ちた時を見てください。創造されていく様子を、みな一緒に創造を思い描きましょう。あなたは一人ではないということを思い出してください。何百万という人々と共に新しい世界を導き出そうとしているのです。


あなたの夢の中に細かく描き込んでください。あなたが望む美しさすべてを見てください。色と大きな喜びもそこに足しましょう。細かな部分まで描くほど、私たちの意図も目に見える形になりやすくなります。世界の人々が互いの間だけでなく、地球自身とも調和的に暮らしているのを見てください。地球とすべての人類双方の向上のため、技術開発は自然(nature)と連動する形へと方向転換し、全ての向上のために共に働く様子を思い描いてください。人々が古い考えに囚われず、新しく、より良き健全な着想を分かち合う様を思い描いてください。変化の風は導かれ、意識的に私たちの進路を決めるチャンスです。偉大なる集結の時であり、より良き道の建設のため心ひとつになる時であり、排他的でない道を歩む時です。私たちは世界を変えられます。そしてそれは私たちのハートと知性から始まるのです。


このエネルギーはリオ・デ・ジャネイロ当地時間2009年7月28日19時19分‐日本時間では7月29日の朝7時19分‐にあなたに届きます。エネルギーは一日中届いていますが、最もよく作用するのはこの時間で、そこから一時間その状態が続きます。


最初のFTGの鍵が喜びと感謝ならば、今回の第二段階への参加の主要部分は、あなたが誰なのか、そして宇宙においてのあなたならではの役割を明確にすることです。平和とすべてのための豊かさを視覚化してください。どのような世界で生活を営むのか、選択する時です。事実とは思えないようなものが見えたとしても、すべてがそのものの素晴らしさの中に在るのを見てください。すべての人が分かちあい気遣いあう共同体を心に描いてください。持続可能で地球にやさしい、たくさんの仕組みを持った世界を描いてください。人々の必要や願いが、互いに愛と平和的に協力することで満たされ、すべての者の利益になる様子を見ましょう!あなたの目にはどんな風に見えるでしょう?周囲の人々が仲良く暮らしています。まさに私たちが選択したように、世界の子供たちは快適で喜びの中にいます。偉大な母なる地球を含めた全てのニーズを満たすための道程を互いに分かち合い助け合う惑星。この世界を内側から変えることのできる新人類の子供たちがいます。彼らはこの運動のリーダーとなるでしょう。私たちは彼らがたどる道を切り開いているところなのです。


Fire the Gridは変化のためのムーブメントで、愛と完全性に満ちた場所から実現します。私たちがどれほどたくさんいて、人数が多いほどパワフルになれると実際に示します。そして、この世界に違いをもたらせると知っている人々の中から、代表者が生まれるでしょう。本当の変化とは今起こっている事だけでなく、将来起こるであろうことにも責任を持てる人たち一人一人から始まるものです。「I am/私は○○である」を受け入れてください。そうすれば、より良き世界の創造という最も崇高な意図を完遂するための「We can/私たちにはできる」を創造することができます。本当のあなたは誰なのか思い出してください:私たちの創造主の神聖なる一片です。他の人々と手をつなぐ時、あなたはとてもパワフルな創造者たちの一部になります。多くの変化がこの世界にやって来ています。集合体としての私たちが持つエネルギーは、それらの変化によってもたらされる結果に影響を与えます。しかし、私たちが自分たちのために現実化する前に、まず健全な惑星と健全な人々を生み出すための時間とエネルギーを注がねばなりません。そして私たちの未来に喜びをもたらすのです。


喜びの中にある時、あなたは高い振動を発します。あなたが高い振動を発する時、私たちは世界に高い波動をもたらします。そして移行は容易になるでしょう。それは穏やかな波形のようなものです。光の存在たちは、私たちが相違点でなく相似点から互いに結びつくように、互いの異なる点はその人の魅力ととらえるようにと言います。目に見える以上のものがあると知る事によってひとつになってください。この時空に影響を与えられると知り、実際そのように行動してください。あなたのベストの一歩を踏み出し、意図が盛り込まれた計画を下に置き、自分自身の庭の手入れをしてください。私たちが自分の庭の手入れをすることで貢献できるプロジェクトはたくさんあり、それはおのずと明らかになっていくでしょう。日々を意図の純粋さを持って過ごす方法が見つけられるかどうかは、その人次第です。


まとめますと、リオ・デ・ジャネイロ時間2009年7月28日午後7時19分‐日本時間では7月29日朝7時19分‐に私たちが行うことは、新世界を創造するために最も純粋な意図を分かち合い、一つに集結することです。個人としての私たち一人一人は地球の真の可能性を理解して結束し、無限の可能性に満ちた世界を実際に創造し始めます。そうした意図を一時間持ってください。その間、ブラジル地下の水晶鉱床に貯められたエネルギーは解き放たれ、私たちを通じて源へ還されます。


Fire the Gridのエネルギーは故郷へ還る準備ができています。リオ・デ・ジャネイロ当地時間2009年7月28日19時19分‐日本時間の7月29日朝7時19分‐、Fire the Grid IIに参加してください。私たちの存在と責任を意識的に選択し、新しい世界を力強く創造していきましょう。





(翻訳:かば、コユキ。掲載6/22)




『FAQ』へ





posted by コユキ at 00:00| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『What We Know』

 

Fire the Grid II :: Be Present.より
『What We Know』(2009/3)の和訳です。


+++++++++++++++++++++++++++


「私たちが知っていること」


2007年7月17日グリニッジ標準時間11時11分、世界中のあらゆる場所の人々が、これまでにない大規模なグループ瞑想に参加しました。それ自体素晴らしい成果ですが、いかにしてこのイベントが実現したかを見れば、よりその素晴らしさがわかってもらえると思います。初期のEメールはともかくとして、慈愛をもって制作されたウェブサイト、意欲あふれる3人の参加者、聖なる存在からのインストラクション、、そこから始まったFire the Gridは意図の純粋さという原則のもとに広がりました。志を同じくする人々がこの取り組みに集い、ウェブサイトは14ヶ国語を網羅、何百万もの人々に読まれました。


あの重要な日以来、私たちは何千もの驚くべき体験談や感謝の言葉を受け取りました。「何が起きたの?」かと人々に聞かれますが、光の友人たちから聞いたことを別にすれば、あなた方によって書かれた話こそ、さまざまな形で本質的な回答になっているのです。これらの体験談は皆さん自身の言葉でつづられており、言うまでもなく2007年7月17日に起こった出来事の歴史的記録であることからも、私にとっても貴重なものです。特に興味深いのは、多くの人々がよく似た現象を体験し、私たちが一体となって達成した本質と完全に調和していたということです。


私たちは次にやって来ることについに取り掛かり、その詳細を分かち合うところです。2007年7月に成し遂げたこと、そして私たちが人類という種としてこの地球に与えた途方もなく大きなインパクトについて、私が知る限りのことを分かち合おうと思います。


まず、地球にとって私たちがエネルギー的にどのような存在なのかを少し説明します。私たちは地球にとっての避雷針であり、そのように意図されていました。私たちは地球と偉大なる神とのパイプ役であり、道を進み、探索し、学ぶために地上へ降ろされました。私たちの本当の目的は体験すること。すべてのことを喜びをもって体験し、そしてその体験に感謝する。私たちは源とのつながりをどのように維持するかというインストラクションがもたされています。このつながりは無限のエネルギーシステムに充電する回路でもあり、私たちにとって最も重要なものです。なぜそれが重要なのでしょう?それは、健全なエネルギーシステムは幸福かつ健康な人間をつくり、地上での経験もより豊かで充実したものとなるからです。これらのインストラクションは、私たちが地球上で与えられた存在としての形を十二分に体験している間中、愛と喜びに満ちた源とのつながりを維持するためのものなのです。


長期間を費やして自由意思を知った人類は、これらのインストラクションに代わって、さまざまな人間指導者たちの導きによりエネルギーフィールドを保持するようになりました。権力意識が芽生え、多くの者たちが本来のエネルギーとこのエネルギーとを置き換える道を歩むようになり、ヒトである私たちは自分たちのために働き、源と強く結びつけていたエネルギーに関する知識を失い始めました。このエネルギーのもとで愛され、より大きく最も愛に満ちた源の一部だということを私たちは知っており、こうした理解が喜びと充足感を私たちにもたらしていました。しかしこの本来のつながりを失うことで、私たちはこのエネルギーへのパイプ役としての能力を失い、非常に長い間とても低いエネルギー状態にとどまることになったのです。


私たちが集合的にFire the Gridを選択した時、パイプとしての能力を与えられた人間のグループとして私たちは、周囲の人々も同様の役割が果たせるよう手助けをしました。心から信じる一人が、千人もの確信を持てないでいる人々をサポートし、どっちつかずだった人々は真実に触れ、92カ国以上何百万もの人々が大きく目覚めました。私は世界の四隅を支えるように言われていましたが、私たちはそれ以上のことを達成したと信じています。FTG直前の2、3週間、ウェブサイトには毎日25万人もの個別訪問者と数百万のトータルアクセスがありました。このようなことをお話しするのは、イベント前のほんの6週間の間に数えきれない人たちが私たちのサイトを読んだということを、忘れないでいてもらいたいからです。これで私たちの数がどれほど多いか、わかっていただけるのではないでしょうか。


Fire the Gridの(3本柱の)第一段階では、人類が本来潜在的にもっている美と喜びへと私たちを目覚めさせました。プリンストン大学でのこのイベントに関する解析は、集合体としての私たちが地球のエネルギーレベルにどれほど強いインパクトを与えられるかを教えてくれました。私の素人目にも、私たちは人間の集合体としてエネルギーを動かし、良いエネルギーを創り出すため意図し、実際成し遂げました。プリンストンの計測機器に確かに影響を与えました。想像してみてください、私たちは心のみを用いて本当に計測機器に影響を与えたのです。それは私をワクワクさせます。そしてそれが人間である私たちにとってどのような意味をもつのか、望む地球創造のために私たちのエネルギーを集結させられるということを今の私たちは知っています。そのことをあなたがたに気づいてもらえたらと思います。
 

とにもかくにも、私たちが意図したプロジェクトの第一段階は大成功でした!グリッドはチャージされ、集団としての私たちのエネルギーもとてもパワフルでした。少しそのことについて考えてみてください。私たちすべての中に光を灯す大きなイベント、あなたはその一部でした。今この瞬間、私たちは自分たちの未来をどのように創り上げていきたいのか意識的に選択することができます。人類という種として私たちは、すでに知っている世界を創るために共に集う準備ができており、それは実際可能です。


では、今私たちはどこまで来ているのでしょう?


グリッドは良く灯っています。より多くの人々が目覚め、地球の歴史上かつてなかったほど、気づきが増してきています。それは大きな変化を促すために多くのパイプ役が最大限の能力を発揮しているということです。従来の世界の中で生きる必要はもはやなく、自ら選択する世界を創り上げるという選択があるのです。地球規模の変化をサポートする意思と準備ができている十分な数の人たちがいます。私たちは何もなかったFTGから何が作り出され、そして私たちの数がどれほど多いかを知っています。世界中の人々は準備が整い、ひとつになっています。


これを読むあなた方一人一人が、自分は一人ではないと理解することは重要です。より良い世界を望む者も、地上ならではの世俗的な体験を望む者も、喜びや愛や安らぎや平和を全ての人たちに体験してもらいたいと望む者も1人ではありません。あなたは地球を取り巻くエネルギーフィールドの中で1人ではないのです。私たちは集合的にそうしたエネルギーフィールドを、私たちのエネルギーでもあり地球のエネルギーでもある場を創り上げます。私たちの貢献はとても小さなものでしたが、FTGのイベントですべてが変わりました。私たちはすべてのポジティブな思考を発動するのに十分な数に達しています。これらの思考はすべて、やがて地球のエネルギーに取り込まれます。それから私たちは集合的に思考を育んでいくのです。


このように始めましょう….







『The Plan』へ




(翻訳:かば、コユキ。掲載6/4)








posted by コユキ at 00:00| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。