2007年06月26日

Anael & Bradfield出演のラジオ番組より

アナエルとブラッドフィールド出演のWorld Pujaラジオ番組の訳が出来
上がりました。
1時間番組の抜粋です。全てはこちらで聴けます(英語。無料です)



●シェリーとの出会い、ウェブサイトを立ち上げるまで

2005年、あるカンファレンスに私が参加した時、シェリーがそこにいて、
一緒に食事をしたのが最初の出会いでした。
その時、シェリーも15年前に私が見たビジョンと全く同じものを見ていた
ことがわかりました。

そのビジョンとは・・
宇宙の中で私は地球を見ていました。
地球は、まるでそこには何もないかのように、完全に真っ黒でした。

威厳ある男性の声が言いました。
「私は、宇宙の輝きを見せるためにここにいる」


左から明るい光が差し込んで来るのが見えました。
その光は最初はゆっくりと輝いてどんどん大きくなり、地球の表面に
宝石をちらばめたように広がり、最後は目を開けていることができない
くらい、光が爆発したかのような眩しい光となりました。

再び目を開けた時には涙がこぼれていました。
その輝きの美しさ、、想像をはるかに超えたビジョンでした。

再び声が聞こえました。
「これからの地球がこのように光に満ちた美しいものに変わってゆくこと
を私たちが約束しよう」


それを聞いて、笑ってしまいました。
「そうね、10万年後にはそうなるかもしれないわね。
 でもその時には私はこの世にいないわ。」
彼の言葉を真剣に受けとめることができませんでした。

すると声は、「そんなに長い時間は要らない。たった1時間で地球をこの状態へ
変化させることができる」
と言いました。

「1時間?」
「全ての人類がこの1時間に同じ気持ちで願うことによって、実現する」

そして”私”は「人類に対してその行動を起こさせるために協力して関わってゆく
ことになるだろう」と言われました。


それはどんなもの?
どんなイベント?
人類全員にそんなことさせられるの?


・・・15年前にこのビジョンを見てからシェリーと出会い、、
そしてシェリーも、これと同じものを見、体験していたのです。

ただ1つ違うのは、シェリーは”グリッド”を見ていたことです。
15年前の私のビジョンに、グリッドはありませんでした。
これに対してシェリーが「これは私の想像かもしれない、、」と言うので、
私は即座に「なに言っているの!!」と叫び、彼女の顔の前5cmほどまで
自分の顔を寄せ、「私はこの瞬間を15年も待っていたのよ!!!」と
言いました(笑)
「単なる想像だなんてとんでもない!!全ては真実なのよ!私たちは
このイベントをやらなきゃいけないのよ!!」

シェリーと電話番号や連絡先を交換し、そして活動が始まりました。

しかしシェリーはまだ自分の経験も私の話しもよく信じていなかった
ので、私は毎週のように彼女へ電話をし、「いつから始めるの?」と
シェリーに質問し続けました。 彼女はそんな私の押しかけ電話に、
かなり戸惑っていました(笑)

私は言いました。
「シェリー、聞いて! 今、彼があなたの隣に座っていることを
どう思う? あれだけの経験をして、息子さんはあなたと共に今
元気に生きているのよ!」

すると、「そうね、私は地球に借りがあるのかもしれないわね」と、
シェリーはついに重い腰を上げ始めました。
それでも彼女はまだ前向きに活動するような状態ではなかったし、
戸惑いもあったようです。

そこで私は、Bradfieldが編集した「Sky Sent」を彼女へ贈りました。
私の音楽は、曲の中にエネルギーによるヒーリング効果があるので、
この曲がシェリーに対して、何らかの良い効果を見出せるかもという
想いで送ったのです。しかし、彼女へはこうした詳しい意図を説明し
ませんでした。

そして忘れもしない月曜日、彼女のもとにそのCDは到着しました。

シェリーはバスタブの中でこの曲を聴き、天からのダウンロードが
一気に始まりました。彼女はバスタブに浸かっている時に、いつも
いろんなことを経験します(笑)

そして私は、私たちのハートが大きく開いて、大きな光が空に向かって
いるビジョンを見ました。

シェリーに具体的な情報(文字、色、情景)が伝えられ、そこには、
「Bradfieldという人に頼みなさい」、というものもありました。
今度はシェリーが興奮しながら私に電話してきて、
「わかったの!全てが見えたの!詳細が見えたの!で、どうすればいい?」

シェリーはBradfieldについて、ミュージシャンであるということ以外、
何も知りませんでした。
音楽制作を依頼するには通常かなりの金額が必要ですが、、
シェリーが「私には彼に払うお金もないし、、」と言うので、私は
「あなたが見たビジョン、ダウンロードした情報、そして彼の編集
した曲を聴いて色んな情報が入ってきたことなど全てを彼に伝えてみた
ら?」と助言しました。「あなたがすべてを彼に話せば、たぶん協力
してくれると思うわ」

シェリーは長い長い手紙をBradfieldへ書きました。
それを読んだBradfieldの返事はもちろん「Yes」でした。
彼はシェリーの体験や情報があまりに具体的すぎることから、この情報元は
どこか宇宙の壮大な場所からのメッセージとしか思えない、と感じたのです。

その結果、こうして3人で協力してこのプロジェクトを推進してゆくことに
なりました。




Bradfieldの音楽

(Bradfield)
いいものがあったら、誰かにススメたいと思うでしょ?
それこそが僕たちの行動の源になっているんだ。

世の中にはまだまだたくさんの事件があるし、戦争もあり、環境破壊も
あるけれど、、

Loving(愛すること)
Caring(気遣うこと)
Sharing(分かち合うこと)

これがあれば、全てが変わってくる。
一気に変わるという意味ではなく、
この先の数年で、多くの物事が変わっていく。


一人ひとりが地球を愛し、自分を愛し、そしてみんながひとつに
なることで可能になります。
個々の意識の波動を上げることで、可能になるのです。
一つ一つの小さな波動が集まって大きな波動となり、地球全体を
癒すことができます。「波動」と言っても、特別に瞑想したりする
必要はなく、自分たちが「楽しい、嬉しい」と感じること、そして
その状態に「感謝」すること、それだけでいいのです。


Q: 曲はどんな感じで創っているのですか?
(Bradfield)
創造そのものはマジックだね。
創られたものは我々全体に影響を及ぼす、と思っているんだ。

創っている時、みんながこの曲を好きになるかどうかなんて僕にはわからない。
ただ少なくとも、自分にとって刺激されるものであること、そこが始まりなんだ。
それが他の人に影響を及ぼすかもしれない。それだけ。

これまで自分が書いてきたものを見直して、本当に自分が書いたの?
と思うことがよくある。実は1曲1時間くらいで書いちゃう。
「Sky Sent」は数日かかったけど、基本的にはすごく早いんだ。

自分が純粋で、誠実で、高次の現実を受け入れる状態になると、
いろんなことが可能になるんじゃないかなと思う。
それが自分にとっての曲を書くときの状態なんだ。


(Anael)
Bradfieldの曲は何より歌詞が素晴らしく、心にダイレクトに響きます。
たとえ言語の違いで意味を理解できなかったとしても、人の心に響く
音色を創ることが可能です。理解しなくても「感じる」ことが可能です。




●なぜ「Light & Love」?

Light through Love
(愛を通じて光を送る、受けとめる)
Love AND LIGHT(愛 ”と光”)ではないんです。

Q: 言葉の順序に隠された意味とは?
(Anael)
光は、知識について語る時の方法として有効です。
知識と共にあれば、真実を愛することが可能になります。
知識がない状態だと、それは完璧ではなくなるのです。

(Bradfield)
Light and Love(光と愛)じゃなきゃダメだった。
Love and Light(愛と光)ではダメだったんだ。

実はシェリーに会う前に、「Light and Love」プロジェクトはすでに
スタートしていたんだ。
普通は「Love」という言葉が先に来るけど、僕にとってこの「Light
and Love」 という言葉は、この順番でこのフレーズである必要が
あると直感したんだ。僕は自分の直感をいつも信じているからね。
それは言葉だったり、音楽だったり、タイトルだったり、、全てにおいて。

「Light」が先じゃないとダメなんだ。でも、多くの人はこのプロジェクトの
タイトルを聞いて、「反対じゃないの?Love and Lightでしょう?」と聞く(笑) 
そこで僕は言う、「”違うよ!Light and Loveでしょう”、ってね(笑)」
Anaealがさっき言った知識の話のことは知らなかったけど、今聞いてみて、
そうだな、と同感する部分がたくさんあるね。

実はシェリーの物語を読み直していた時、僕の方からは「Light and Love」
の話をしていなかったのに、シェリーも「Light & Love」という順番で
書いていた。偶然だけど、偶然でない何かがそこにあるよね。

この「Light and Love」というタイトルを作った最初の目的は「音楽に光を
当てる」ことで、それをプロジェクトとして企画している時に、シェリーが
コンタクトをとってきたんだ。だから、全ては必然で起こったのだと思う。

シェリーの”ビーイング(存在)”が彼女を通して、歌と区切りなどを、No2、
No6という風に、アルバムの曲番号を指示してきた。エネルギーが曲の音色
の中にコード化されているんだ。7月17日に向けて、この曲を魂のレベルで
受けとめてほしいな。曲を論理的に理解しようとすることは手放して欲しい。
そうすることで、強烈に密度の濃いエネルギーが人々の中に入り込んでいく
から。


私たちはみな、瞬間瞬間を生きています。
私たちの意識をどんどん上げてゆき、自分が誰であるかということに
もっとフォーカスして意識的になることによって、私たちだけじゃなく、
周りの全ての物事を変化させる大きなパワーが生み出されます。

私たち一人ひとりが、今、光の存在に対しての責任があります。




●7月17日

私たちは7月17日に新しい人類を創造することを決意します。
将来の私たちに何が必要か、前向きな変化を望んでいるのか、
私たち一人ひとり全てが満たされるために。

その想いが17日、一斉に点火されます。
新しい世界を創造してゆく最初の日です。
その瞬間には変わらなくても、変化のきっかけ、スタートになります。

この行動が、最終的に私たちが行なってきたことを助け、皆”ひとつ”
であることを認識させてくれます。
自分自身が誰であるか、人類として何をしたいのか・・
それらの本質に気づくきっかけを与えられる最初の日となります。

私たちが皆さんに伝えているのは、とてもシンプルなことです。
すでに皆が知っている「ありがとう」と「感謝」、そういったことです。
それをこの日同時に行うことで、人類だけではなく、宇宙全体が癒されます。

人類は今後も活動を続けてゆく必要があります。
シェリーも多くの活動をしています。
一瞬で一変するものでないがゆえに。

17日に人々が一斉にグリッドに点火することで、宇宙からのサポートを
受けることができ、宇宙とのつながりを手助けすることになります。

一人が自分のグリッドに点火するだけで、何千もの他の人々に影響を
及ぼすことが可能です。一歩一歩道を歩み、人々が一緒に物理的に
活動を続けてゆくことが必要です。「一緒に決め、一緒に活動し、
一緒に歩いて前進する」ことが、大きな大きなパワーになります。

このFTGプロジェクトも、私たちたった3人で始まりました。

今、物事の動きは急速に加速していて、
世界中で同じことが起こりつつあります。
人々はより心の底から”幸せ”を、”喜び”を見出しています。


最後に・・
聞いてくれてありがとうございます。
この番組を聞く全ての人が7月17日に、それぞれのグリッド点火への
行動を起こしてくれるのを信じています、そしてそのことに感謝しています。

多くの人に会える機会を与えてくれたことに、感謝しています。
彼らとの友情は本当に素晴らしい!
全ての人々との調和でひとつにつながっている証です。


(訳:Ryoko、編集:コユキ)

posted by コユキ at 22:22| シェリーのメッセージ/講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。