2007年05月05日

シェリーから『あなたへの招待状』

"You Tube"のvideoは、シェリーのこのメッセージが元になっています。


私たちの愛する地球が死にかけています。

私たちは、森林を破壊し、水を汚染し、地球の天然資源を奪い去り続けてきました。そして、このままの状態がつづけば25年以内に私たちの故郷、地球には荒れ果てた不毛の土地しかなくなることでしょう。

”でも、そんな悲惨な状態で私に何ができるの?”という質問をよく受けます。
私はこれまで、この惑星の生体電気神経系統に働きかけ、地球の核へ起爆剤を与え、癒しへと導き、人類の来るべき新しい再興に備える方法を知らされてきました。

私たちは、先祖からこの地球を受け継ぎました。しかし私たちは、子孫たちからその遺産を盗んでいるのです、、 では、私たちはどうすればいいの?

あなたは、自分はちっぽけな人間の一人だと思うかもしれません。しかし、あなたの中にはこの惑星、私たちの故郷、そして子孫への未来の故郷を蘇らせる奇跡の力があるのです。

私たち自身に、人類に、その未来が託されているのです。

私たちが、心からこの惑星を癒したいという意図を持つ他の人々と繋がる時、私たちの中からエネルギーの大波を起こし、この惑星を自然の力で再興するための起爆剤を与える事ができるのです。

そこで、あなたは、”なぜ私に、この弱りきった生命の供給主、地球を癒す方法がわかるの?”と思いますか?
私と息子は共にそれぞれ15分と30分も水没するほどの致命的な自動車事故からの生還者です。

想像してみてください、私は15分間死亡していたのです。そして、それは別の次元の存在がこの惑星を再興させるために何が必要か私に納得させるに充分な時間でした。

けれど、奇跡は私が生還しただけでは終わりませんでした。私の息子は助け出された時、すでに脳死状態で彼の全ての臓器は活動を停止していて、これ以上成長する見込みはありませんでした。私の息子は、脳だけでなく、その小さな体さえも死んでいました。

話しを手短に説明すると、ドクター達は私に何度も彼の生命維持装置をはずすように強く勧めました。しかし私はそれより強い愛のパワーに、自分を信じ、彼の小さな体を癒すための火を灯すよう導かれていました。そして、その奇跡は起こったのです!!

死にかけていた一人の少年を救うために集まった少人数の人々は、そのままスケールを大きくすれば、私たちの惑星を救う力になるのです。

私たちは、地球の生体電気系統を蘇らせるために地球の格子(grid)に起爆剤を与えなければなりません。

この手紙の趣旨はあなたを私たちのウェブサイトへご招待することです。
www.firethegrid.com

そして、地球の癒しの仲間に加わっていただく事です。
私たちの故郷であるこの惑星を癒しへと向かうための起爆剤をその心臓へ送るのです。

私たちが団結するならこれは可能なのです!どうぞ、私のお話を読む時間を持って下さい。そして、一個人として、この惑星の他の仲間と団結し、あなたの人生のほんのわずかの時を使って母なる地球を回復と癒しの新しい段階へ導く方法を知ってください。

約束します。たったの一時間でいいのです。それにより、あなたは地球の健康と人類の未来のための大使となるのです!!

もし、この手紙とこのサイトの内容があなたの心に響くなら、どうぞ、このメッセージをあなたの愛する人々へ知らせてください。その人達も2007年に地球の格子に起爆剤を与える私たちの輪に加わってくださるかもしれません。
私たちの使命は世界規模で出来るだけ多くの人にこのメッセージを伝える事です。

この課題は、この計画を知った全ての人に託されたものです。
人類史上最大の格子計画に貢献してくださった事に感謝します。

私たち全ての中にある光と愛が生き、平和が私たちの魂の目的となりますように。

シェリー イェーツ(2006.3)
(訳 Swell)

posted by コユキ at 01:11| シェリーのメッセージ/講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。