2011年01月03日

Join the Joyride






はるかな旅を一緒に
光の存在たちからのインストラクション





イベント最後となるFire the Grid I を広めるために受け取ったインストラクションを皆さんにお伝えしたいと思います。多くの人に関わることなので、他の人々にも伝えていくことが必要です。このプロジェクトが周りのグリッドをプログラミングするのと同様に、これはみなで一緒に成し遂げるべきことです。


まず彼らが私に伝えたのは、北米大陸が地球上でもっとも濃密なエネルギーを蓄えているということでした。私たちはみなリンクしており、いったんこのエネルギーをリリースすれば、それは巨大なドミノのように地球全体に伝わっていきます。存在するエネルギーにとって、特定の条件などは必要ありません。地球上にはエネルギーのボルテックスがいくつか存在します。北米のボルテックスは私たちによってリリースされます。光の存在たちが望んでいるのは、私たちが北米大陸の周波数を上昇させ、分かち合いと調和と豊かさのそれへと変化させることです。そうすることで新しいエネルギーは全世界へ行きわたります。


私はこのメッセージをできるだけ多くの人々に伝えるよう言われています。”メッセージを届け、その成果にはこだわらないように。” これが私自身と皆さんへのインストラクションです。私たちは種まき機のように新時代の希望の種を植え、次の人へと移っていきます。光の使者は地球上のいたるところで真実と光の種を植えています。彼らは一度種を植えたら、その成果に期待することなく次へと移ります。古いことわざにあるように、馬を水辺へ連れて行くことはできても、実際に水を飲ませることはできないのです。真実とともにある私たちは、他の人たちのために光の標識灯になることはできますが、それから後は彼らに任せるしかありません。


インストラクションの詳細は次の通りです:

1.アラスカからメキシコまで、私の家族が米大陸を移動するためのバスを入手するように。真実と人々に力を与える希望の種を植え、次へ進みなさい。このプロジェクトは大半が2011年1月にスタートし、11月11日、グリッド点火のイベントでクライマックスに達します。

2.これら真実の種は、真実を聴きたいと願うすべての人に届けられなければなりません。したがってメッセージを届けるときには私の家族の生活を支えつつも、皆に無理を強いない形で届けなければなりません。これには私を金銭的に豊かにすることは含みません。

3.大学にメッセージを届けましょう。大学には若年層が集っており、彼らこそ私たちが新時代に寄せる願いを実現する人たちです。大学の若年層にメッセージを届けたら、その地域社会の人たちにメッセージを届けてください。

4.似たような人々をまとめ、高い周波数の人々と場所を作り出すことに関して私が受け取ったメッセージを分かち合ってください。ブラッドフィールドとアナエルと私は、人々にできるだけ効率よくメッセージを届けるためのツールを用意しています。しかし個人的に真実を語ることが最も強力なツールとなります。Fire the Gridプロジェクト全体を通じてそうであったように、これらのメッセージは無償で提供されます。

5. 高い振動数のイベントを開催してください。ちょうど私たちのホームページでのリメンバー・コードがそうであるように、高波動のイベントは、ブラッドフィールドとアナエルの音楽‐高い振動数のライブ演奏と、光の存在たちからのメッセージを強く結びつけます。私たちはできるだけ多くの目に見える形の行動をとる必要があります。

6. 彼らはこれから先、人類が忘れないよう高振動数のコードを無償でくれました;これらを無償で人類に提供するように。1つ目は音のコードで、ブラッドフィールドの音楽に埋め込まれています。彼はこの美しい音楽を、いつも頼まれればそうするように今回も無償で提供してくれています。2つ目はシンボルのコードです。このシンボルはメッセージを忘れたくないと願うすべての人たちのために提供されています。これら2つを組み合わせて10分間の瞑想をすることができます。そして参加者の人たちは、自分が誰なのかを思い出し、人の形のまま現実化するという美しい能力を思い出すことができます。

7. すべてのもの、この星と私たちのつながっている状態に最も高いエネルギーを送り届けるという意図をもって心から新しい地球の場をプログラムしてください。まずマズローの欲求段階の中で最も底辺の欲求が、地上のすべての人たちのために満たされるという意図を持ってグリッドへ点火してください。次に、傷つけない、正直である、誠実である、という理念と感謝の心をもってみなさんそれぞれの喜びをもたらしてください。


そうするために何が必要でしょうか?
まず四人が寝られるバスから始めます。一部の誤解とは裏腹に、ファイアー・ザ・グリッドは私をお金持ちにしてくれたわけではありませんし、他の人々と同様、私にも金銭的な困難はあります。いま現在、こうした乗り物を購入することはできませんが、それが私のもとにやってくると意図しています。もしかしたら代車という形をとるかもしれませんし違った形でやってくるかもしれません。私は単に、時間が許す限りできるだけ多くの場所を訪れるための頼りになる乗り物を必要としているだけです。


その時点で、誰もが参加できる高い振動数のイベントを開催するようにと、インストラクションは告げています。そうするには他の人たちの助けも必要です。自らのコミュニティーにこのメッセージを伝えたいと願う、愛に満ちた人々は、私たちを招き、実際にイベントを開催することで助けとなることができます。2007年に私は最初のメッセージとともにカナダと米国を旅しました。そして私はそれを無償で行いました。今回も同様に、プロジェクトの人的要素は存在します。ガソリン、食糧、居所、その他のものは、イベントの開催費用とともに適切に賄われなければなりません。


高波動のイベント開催については、ブラッドフィールドとアナエルも参加し、彼らのギフトである音楽も分かち合いたいと望んでいます。重ねて申し上げますが、これにはコミュニティーの協力が必要です。


私はコードを無償で、電子メールや、その他メディアによってもたらされる方法によって、できるだけ多くの人たちに届けようと思っています。ここにも皆さんに助けを求めることができます。電子メールやコードを含んだメッセージを受け取って、心がこのプロジェクトの真実に共鳴したなら、あなたも関心を持っていそうな人たちにそのメッセージを届けることができます。新しい世界は、人々のために人々によって作られます。そしてこうした出来事が分かち合われることで世界が出来上がります。これはほかの人たちと情報を分かち合う一つの方法ですが、どうか、あなたに真実が共鳴するときにのみ有効なのだと忘れないでください。


大学にメッセージを届けることについても、協力を必要とするプロジェクトなのだと考えてください。私は、こうしたメッセージに好意的な学校で、イベントを開催したいと考えてくださる教授の方々に語りかけようと思います。こうした教育機関に関係する人は、どうぞ私たちにコンタクトしてください。高校の学生たちにメッセージを届ける機会を、私は熱望します。もしもそうした機会を設けたいと考える方がいらっしゃったなら、私は喜んで時期を調整します。


メッセージを届けるために私が体を運ぶ上では、効率的かつ論理的である必要があります。カナダのある場所から米国南部に来てほしいと頼まれたとしたら、お金を大切に有効に使おうと思っても、意味をなさなくなってしまいます。ですから道筋立てた道程が必要で、あなたの所にいる間、私はできるだけ多くのイベントに参加し、私の役割を果たしたいのです。こうした活動に参加しようと思う方の役割は、私たちにコンタクトし、訪問を可能にすることだと考えてください。もちろんそこには、旅費など何らかの出費が伴うでしょうが、お金を求め始めたら誰も見向きもしないでしょう。これは本当に分かち合いのプロジェクトで、私はできるだけ多くの人たちに到達したいと願っています。


私の家族は、私とともに旅をする準備ができています。というのも、こうしなければこれを成し遂げることができないと思ったからです。この途方もないイベントを行うために、彼らの愛と支えが必要です。私たちは家族としてこのために全てを準備し、起こってくることに委ねようと思っています。


また私は、これらのメッセージを配信したいというラジオ放送、インターネット放送、テレビ放送にも無償で出演することを考えています。


ここに提案したことの中で、あなたの関心をひくものがあったら、どうか私たちにコンタクトをとり、この美しい意図を現実にするにはどうしたらいいか相談してください。ポジティブなアイデアに対しては、私はオープンですし歓迎したいと考えています。主に北米大陸に集中しているプロジェクトではありますが、機会があるならほかの場所にも出かけようと思います。それでは私は、愛をこめてこのメッセージを集ったグリッドに届け、起こるべきことを起こそうと思います。



愛と感謝を
サモイヤ・シェリー・イェーツ 
 


---------------------------------------------------------


翻訳:かば








All contents c2005-2010 Shelley Yates. All rights reserved. Site created by Sight & Touch









posted by コユキ at 22:54| FTG I 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。