2009年09月23日

FTG I :: Be One




 Fire the Grid I より
『Fire the Grid I :: Be One』(2009/9)
 を日本語に訳しました。


+++++++++++++++++++++++++++


Fire the Grid I :: ひとつになる



「汝の心よ、平穏なれ
 汝、命の源とともにあれ」

地球の波動が2009年7月28日以来着実に高まっていることを、多くの人々が強く感じています。新しい世界の活発な創造の中で、人々はますます自らの役割に責任を持って参加するようになり、加速された意識は広がりをみせています。

これまで「隠され」てきたり、アクセスできなかった魂を呼び覚ますコードへのポータルは、今や多くの人々に知られるようになり、以前の状態など私たちの夢想にすぎないのではないかと思えるほどです。

私たちは今日、次の日付をお知らせできることにワクワクしています。気づいた人もいると思いますが、2007年7月17日のFTG IIIからスタートして次へ進むといった具合にFTGイベントはカウントダウンしています。FTGイベント3部作は、地上のグリッドを癒し始めるために不可欠のもので、私たちの集合意識を育て、新しいパラダイムへの移行を促進します。

次回FTGエネルギーが高まるイベント最終日は2011年11月11日、グリニッジ標準時間11時11分です。

この日付はシェリーのガイドである、すばらしい別世界の愛にあふれた、液状の光のように見える存在から再び彼女へ伝えられました。波動的に見て、2011年11月11日のグリニッジ標準時間11時11分は、この3回の中で最もエネルギーレベルの高い日です。これまでの2回と同様符号化され、目覚めの可能性に満ちた創造のエネルギーは、宇宙の裂け目から地上に降り注ぐことでしょう。FTGで示された3つの日は私たちが地球にやって来る以前に、それぞれの魂が意図した人生を偽りなく生きることで聖なる源とつながり、私たちの星を癒すことができるようにと、私たちに明かされました。

ご存知のように、FTG IIは情報が公になってからほんの数ヶ月と、理想的に物事を進める時間がほとんどありませんでしたが、FTG Iは世界中に知らせる十分な時間があります。喜びに満ちた2年以上の準備期間に、似通った思いを持つ人々が集まり、かつて世界が目にしたことのないような一体性を実現するでしょう!2007年7月17日以降制限は強まりましたが、それら制限を超えることを私たちは目標にしています。

シェリーによると、その翌日は人類にとって空前の祝福になるとのことです。私たちは踏み石を積み上げ2011年11月11日へと向かいます。今後の数週間で私たちはシェリーの考えを、文章と今春撮影した映像という形で広め始めるでしょう。私たちはひと月ごとに準備を進めようとも考えています。例えば、毎月11日前後に集まり、容易で快適に前進するための理念や方針の統合に力を注ぐといったようなことです。これについては近いうちにまたお伝えします。

個人的なレベルでは、私が生まれてきた意味をすべて分かち合いたいと、これほど強く感じたことはありません。直感、知識、詩、私の愛する音楽、すべてがついに揃いました。それは大きな喜びを私にもたらすでしょう。これからの2年間、講演会やカンファレンス、音楽の演奏や高波動のイベントを通じて、これら一つ一つを広めながら世界をめぐるという喜びです。

私が今声を大にして言いたいのは、メッセンジャーが誰かということより、メッセージこそが重要なのだということです。今この瞬間ほど物事がシンクロしたことはありません。偉大なる扉へと最大級の寛大さによって導かれた私たちは、後はもう境界線を越えればよいだけです。すべては聖なる正しい秩序のもとにあります。メッセージとその意味に焦点を結ぶ時、私たちは主体的で明確な意識を持った光の細胞となり、自信と強さを持って世界の四方八方へ広がっていくと私は信じています。一度でも重要な情報にアクセスできたということは、私たち自身の責任にゆだねられたとは言えないでしょうか?多くの人々が言うように「グルの時代は終わった」のです。

ファイアー・ザ・グリッドは何百万もの生を動かしましたが、しかしそれはまだほんの始まりに過ぎません。私たち人類の驚くべき可能性に目覚めるということは、人々に感染するような至福であり、病み付きになるような情熱です。このムーブメントは私たち一人一人に属するもの、人類のものです。そして私たち一人一人は、その実現に向けて等しく重要な役割を担っています。

今後の2年間でこの最も類まれな旅路で皆さん一人一人と出会えることを、私たちは楽しみにしています。それは歴史上の決定的瞬間へと至る道程であり、私たちの聖なる源と再びつながるチャンスでもあります。その過程で地球を健康で持続可能な元の状態へと戻していきましょう。

あらゆる意味において、これは多くの人々と共に歩む道のりです。そして私たちはこの仕事を偉大なる勤勉さと誇りを持って続けていきます。聖なる介入は確かにありますが、シェリーはいつも私たちに「ほんの少し自分を差し出す」ことをしなければならないというガイドのアドバイスを伝えてくれます。道を歩くことと、そうしたことを常に感じることは別のことです。これからの2年間の意味するところはそれに尽きます。

私たちは自らの意図を宇宙に対して明らかにし、参加することと行動に責任を持つという選択をしました。

今私たちは一つになるプロセスを始めます。地球と一つに、互いと一つに、時空を超えた真実と一つに、生命の源と一つになります。

2011年11月11日、グリニッジ標準時間11時11分、私たちは人類の歴史の流れを永遠に変える方法と人数で力を合わせ「ひとつになります」


すべての愛とともに、
ブラッドフィールド
(アナエルとシェリーに代わり)






(翻訳:かば、コユキ)









posted by コユキ at 23:48| FTG I 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。