2009年07月08日

『Shelley’s interview Video #6/6』



 Fire the Grid II :: Be Present.より
『Shelley’s  
 interview Video #6/6』
の和訳です。


+++++++++++++++++++++++++++


「シェリーのインタビュービデオ(6/6)」


私は、自分がこれらのことを、きちんと文にして説明できるとは、思ってもいませんでした。しかし、私の使命は世界に伝えることなんです −われわれは、宇宙で唯一の存在ではないということを ―神とよばれるソース(源)、パワー・ソース、または“光輝く永遠の存在”とよばれる私たちすべてであり、私たちがやってきた源のこと、私たちはその源の細胞の一つ一つのようなものである、ということ。源はただ“愛“によってのみ創造を行うということ、を。しかし、私たちもまた、共同創造者なので、私たちが自分自身について感じたり創造したりするどんなことも、実現化させてしまうのだ、ということを。なぜなら、源は、この美しい、大きな基幹細胞のプールを通ってやってきて、そのとき私たちがいろいろなネガティブなエネルギーを引き寄せて、その中に入れるからです。

この地球上に起こっているすべてのネガティブなものは、私たちの属性でも“光輝く永遠の存在”の属性でもありません。それは、私たちによって、顕現化されたものなのです。ちょうど箱の一部にチェックマークをつけるように。私たちはたくさんの箱に印をつけているようなものなのです。私たちは物事を自分たち自身で創造して、『おおそうだ、この素晴らしいものが起こった、とか、おおこのひどい状況も起こった、』とチェックしていっているようなものなのです。でも、私たちがいる世界の外側では、その“光輝く存在”は、唯一“愛”からのみ創造を行っているのです。そして、それを送りこみ、私たちが自分で自由に創造できるたくさんの機会を与えてくれているわけです。

ですから、私は人々に伝えるのが役目です。「あなたは、ただ人間である、というだけではないのです。あなたの中には“大いなる存在”がいるのです。そして、その大いなる存在と調和し、その存在とコミュニケーションする方法がわかれば、あなたはずっとずっと幸せになるでしょう。そしてこの地球上でより完全に生きていくことでしょう。」と。

それから….たくさん伝えるべきことはあるんですが、まず言わなくてはならないことは、シンプルなことなんですが、あなたは自分自身を常に源とつながった状態に保つようにしてください。その高い周波数は、あなたへ届けられるわけではありません。あなたは、あなたという存在(周波数)で、その高い周波数をピックアップしようと努力しなければならないのです。もしうまくいかなかったら、それは、あなたという存在(周波数)に、その原因があったということになります。たとえもし、あなたがそれをうまく捉えられなかったとしても、この機会を準備してくれた存在のせいにはできません。なぜなら、その存在は、あなたが頼んだことをただ遂行しただけ、だからです。なので、これは責任を自覚すること、なのです。『私の責任なのだ。あなたを責めることはできないのだ。』と。

不思議ですが、人間は一度、責任感が芽生えると、世界を全くちがったふうに見るようになります ―それはちょうどいま、私たちに起こっている“進化”の一貫なんですが ― 人間は責任を自覚するように、なりつつあるのです。というわけで、その責任ということについて、『では、その存在たちとは、誰のことか知ってますか?目覚めて責任を自覚するようになったあなた方は、今この地球に起こりつつある状況の“物理的ダイナミクス”を理解する必要があります。』と私は言わなくてはなりません。それはつまり、もし私たちがこの星の周波数フィールドを引き上げる方法を見つけなければ、私たちは大混乱と大きな不幸に見舞われることになるだろう、ということです。大きな苦しみを。そうなると移行は、多くの困難を伴い、決して容易にはいかないでしょう。

存在たちは言います。『われわれは、あなた方とあなた方の星にやってくるものを、止めることはできません。われわれには止められないのです。しかし、われわれは、あなた方が平穏に移行できるよう、手助けすることはできます。だから手助けしよう、とわれわれは決めたのです。われわれは、その移行を容易にするために、あなた方と交信していくことを、自分たちの意志で選んでいるのです。』と。ここで全権を委任されている身としては、こう言うしかないでしょう。それも、計画の一部なのです、と。

みなさんに私が言いたいのは、私が言っていることをあなたが信じないなら、それで結構です。なぜなら私には、全然大した問題ではないからです。しかし、もしみなさんが私の言っていることを信じるのであれば、ここに、進化の次段階への移行を、容易にする方法がありますよ、と私は言っているわけです。




(翻訳:Kiyomii)






posted by コユキ at 09:27| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。