2009年03月30日

『Testimonials』


Fire the Grid II :: Be Present.より
『Testimonials』(2009/3)の和訳です。



*サイト管理人より
 2009/7/17のイベント参加の感想は多数あるため
 無作為に選んだ数件のみ紹介させていただきます。


+++++++++++++++++++++++++++




『Testimonials/証言』


次の報告は、2007年7月17日のFired the Gridの時に起こった出来事について、みなさんの言葉で、そして力強い歴史的な記録を代表するものとして、真に喜ぶべきものです。FTG IIIのイベントから何千もの信じられないほど素晴らしい報告を受け取り、みなさんとそうした多くの報告を、最終的に世界84カ国以上にまたがってシェアすることができることを光栄に思います。これらの報告を整理しましたので、世界のどの地域―地理的地域や個々の国からもコメントを探しやすいようになっています。これらは私たちに送られてきた、美しく、洞察力に富み、興味深く、心からの、賢く、そしてユーモアすら感じる報告をほんの少しサンプルしたものにすぎません。みなさんの体験をシェアしてくださる方達すべてに感謝します!





南アメリカから
アルゼンチン

その日の朝早く、8時にPranicヒーリングのTwin Heartsという、地球の癒しとヘブライ語の詩篇19を読むことになっている瞑想を行いました。私は普段よりも活力に満ち、自分の手から来るとても素晴らしいエネルギーの質を感じました。それはまるで私が助けるために何かをしているように本当に感じられました。7月16日に一通のe-mailを受け取り、私のすべてのスピリチュアルな友人たちにメールをしたので、彼らも愛に対して変化をもたらすことができました。
- Gail A. (ブエノスアイレス,アルゼンチン)





オーストラリア&ニュージーランドから
オーストラリア

私は、幸運にもアデレードにある形而上学センターで約50人のグループと参加する機会を得ました。瞑想の最中、私は多くのことを「体験」し、非常に強いエネルギーを感じました。時々、席から持ち上げられるように感じ、不意に心の中で“OM SHANTI” (宇宙の平和)と唱え始めました。するとすぐに、エジプトの大ピラミッドが見え、それを上空から見ながら、ピラミッドの地下におりていく4つの方向から発するエネルギーのラインを見ました。そして、頂上から真っ直ぐに白い光が…回転し始めました。その時にワームホールのように見えるものを通り抜け、南アメリカにあるピラミッドへ出てきました…それから先住民の長老たちが一列になって微笑んでいるウルル(※エアーズロックのこと)へ、そしてロシアやタイなどなど…それから回転し続けているピラミッドへ戻ってきました。そして、母なる地球がとても多くの手であやされ、注がれる虹色の光のリボンと共に、愛情を込めて地球を見つめるとてもたくさんの笑顔のまなざしを見ました。戦場で銃をおろし、お互いに抱擁しあう男達や世界中で笑いながら抱きしめあう人々を見たり、砂漠が瑞々しい緑の草で繁茂する様を見たり、花々や野生生物が…本当に静穏で…たくさんありすぎて取り上げることができません。この「計画」を勇気を持って最後までやり遂げたシェリーと、この時に、私達の神聖な部分を満足させる機会が許されたことに感謝します…私はとても神聖さを感じ、このプロジェクトに参加する幸運に浴しました…私は、その時が近づくにつれて、この時この星で為すためにここにいると感じたことを、多くの友人に話しました。感謝と神の恵みを! OM SHANTI(宇宙の平和)
JENNY F. (アデレイド, 南オーストラリア州, オーストラリア)







日本

私達はヨガのエクササイズをしながら母なる地球を癒すために祈りました。その後、私は自分の振動が高まるのを感じました。自然と動物たちの感情を感じやすくなりました。自然のグリッドに触っているような感じです。私は、友人達に「ファイアーザグリッド」の運動を広め続けています。あなたの新しい試みに会うことを本当に楽しみにしています。ありがとう。
Ringonoki (Fukusaki, 兵庫県)






(翻訳:mihow。掲載6/22)




posted by コユキ at 00:00| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。