2009年03月30日

『March 17, 2009 letter from Shelley』

 

 Fire the Grid II :: Be Present."Updates"より
『March 17,2009
 letter from Shelley』
(2009/3)
の日本語訳です。


+++++++++++++++++++++++++++



「2009年3月17日 シェリーからのレター」


「メッセンジャーはさらに続けた...
 彼の手の平で渦巻く言葉は、自分の人生よりも、
 人類にとって貴重なのだという深い気づきに
 衝き動かされるように...」−ブラッドフィールド



Fire the Gridの親愛なる友たちへ、

この世が始まって以来、私たちにはメッセンジャーがいました。彼らは、聖なる源からのメッセージを人類の耳元へと届けてくれました。2007年7月17日のFire the Gridというイベントのため、私は、そうしたメッセンジャーになるように指示されました。私はその指示を厳守し、人間という一つのグループとして、私たちは地球のグリッドに見事に点火することができました。それにより、地球の周りのフィールドは再活性化し、人類はこれまでとは違った方向へと勢いよく放たれました。私たちは共に、この結束の中で、とてつもない快挙を成し遂げたのです。


あの極めて重要な日から、私はずっと沈黙していました。そしてようやく、この1年半何をしていたかを、皆さんにお伝えすることができるようになりました。私は単なるメッセンジャーに過ぎない、ということを忘れないで下さい。これまでと同様、メッセージを伝えるということは、多くの場合、人間の体やエネルギーフィールドに多大な負担をかけるのです。


自らへと至る長い旅路を歩いてきた私は癒され、強くなって、残してきた続きを再び始めることができるようになりました。この18カ月間、心と体とスピリットとの繋がりに手こずりましたが、それは努力に値するものでした。体調は絶好調で、体重を40kg落とす間に、より必要としていた自分への信頼も取り戻すことができました。積み重なった疑いや不信はなくなり、肉体的な健康とスピリチュアルなつながりのある新たな環境の中で、私は強くなりました。私の人生は満たされた素晴らしいものです。素晴らしい友人と支えてくれる家族がいて、幸せです。これまでで最も恵まれているといえるでしょう。


新しいメッセージをひとつお伝えします。私は、慎ましくも前進する覚悟をもって、みなさんのもとにやってきました。世界中とシェアしたいメッセージがたくさんあります。それらのメッセージは、皆さんの個々の振動周波数のフィールドを高め維持するものであり、素晴らしい変化の時を生きる私たちを支えるもの、道のりを容易にするための方法です。


地球上の人々へのメッセージには、まだ続きがあります。メッセージは集合的なエネルギー源からやってきていて、その源の唯一の願いは、私と同じように豊かに祝福されている私たち全員を見ることです。彼らの指示により、3月28日、私たちはウエブサイト上でFire the Grid(U)を始動します。


アニーとブラッドフィールドは、揺るぎない信頼をもって私の帰還を支えてくれました。彼らは、私の最も困難だった旅を、断固としてサポートしてくれました。私は、この場で改めて2人へ、愛し感謝していることを伝えたいと思います。彼らがいなければ、Fire the Gridは、いかなる形でも存在しませんでした。心の底から2人に感謝と愛を捧げます。アニーとブラッドフィールドは、私が不在の間、皆さんとコンタクトできない状態にとても苦しんでいました。Fire the Gridの始まりの日から、ブラッドフィールドには確固たる想いがありました。それは、Fire the Gridのサイトには、私自身の言葉と、私が光の友人たちから直接受け取った言葉しか載せない、というものでした。2人は沈黙していた間も、困難ながらもいつも誠実に、このことを尊重してくれました。2人から皆さんにお伝えしたいことがあります。それは、皆さんの彼らの音楽に寄せる素晴らしいサポートと、多くの皆さんとの間に培った関係を、彼らがとても大切にしているということです。


私の準備はできていますが、傷つけたり失望させてしまった人たちにお願いするということは、自分を最も謙虚にさせます。それこそが、今、私のすることなのでしょう。どうぞサポートをお願いします。愛のメッセージというサポートを。個々のフィールドを上昇させるための物理的インストラクションの分かち合いを。これは地球全体のフィールドを上昇させることにつながります。


なぜこんなことをするの、とあなたは尋ねるかもしれませんね?
答えは、新しい時代へ向けた変化を容易にするためです。


Fire the Grid及びそれから派生するプロジェクトに、謙虚に皆さんのサポートをお願いするにあたり、私は最上で最も純粋な意思をもって常に光の中を歩き、たとえどのような形を取ろうとも、私にできるベストな方法で真実を提示すると、約束します。私はFire the Gridの熱烈な奉仕者であり、私が知ることとなった全ての試みをせずにはおれないのです。


私は今、自分が誰で、なぜこの時代にやってきたのかを覚えています。私は導かれたいと願い、実際にオープンでいます。ガイダンスに配信役に、私はこの身を委ねています。


私は、未来がどうなるか予見したり、私や他の2人が「どのように」事を起こすかの詳細について話すことはできません。私はただ皆さんの前に現われて、自分自身を差し出すだけです。私は自分が導かれるだろうことを知っています。


Thank you. Thank you. ありがとう、私の大切な友だち。あなたがたのこれまでのサポートに感謝します。私たちがどのような道を歩むことになろうと、そのサポートを誇りに思います。皆さんをこの上なく愛しています。皆さんの人生から消えてしまったことをお詫びします。今あるような私になるためには静養が必要だったのです。


それでは改めて、私のメッセージが、あなたが知っている真実と(Fire the Grid(V)の内容もあわせて)共振するならば、3月28日、更新されたFire the Gridサイトを覗いてみてください。次にエネルギーの高まる日付や、次に何が起こるかについて、詳細をご覧いただけます。
http://www.firethegrid.org または
http://www.firethegrid.com



私たちは、2007年7月17日以降に受け取った、何千にも及ぶ皆さんの経験談もシェアする予定です。これらは私にとってとても貴重なものです。皆さんの言葉で、皆さんがどのようにFire the Gridの瞑想のときを過ごしたかを語って下さったのですから。


私たちには、失われた時間をとり戻すために、すべきことがたくさんありますが、聖なる源は慈悲深く私たちを導いてくれています。すべては聖なる秩序のもとにあります。



かたいハグを
サモイヤ・シェリー・イェーツ




(翻訳:かば、桔梗。掲載4/16)










posted by コユキ at 00:00| FTG(II) 公式サイト日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。